ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中型 合格発表

ロビーには大型を受けた女性がいました。
「お疲れ様です」
「お疲れ様」
「もうバイクは長く乗られてるんですか?」
「去年、中型を取ったばかりだよ」
「何に乗ってらっしゃるんですか?」
「○○○です。両足がつくのってなかなか無くて・・・160はないとね」
「えー私145なんですけどー」
でも、人見知りの私には長く会話をするの無理。。
だんだん無言になってきちゃいます。
これがまた長い・・・
全員が終了するまで1時間半もかかりました。

戻ってきた女性が集まってぽつぽつと話しています。
落ちたら補習を受けないといけないんだよねーって会話だったり。。

11:40を過ぎた頃
「自動二輪の合格発表をします、掲示板に番号が出た方は講堂まで移動してください」

あ、あ、あ、あ、ありましたー!

5番がちゃんと見えます。
嬉しくて涙が出そうでした。
残念ながら大型検定の女性は不合格、最後の男の子もダメだったみたい。

なぜみんなそんなに冷静なの?
先週の合格発表は盛り上がったのになー。

ま、そんなこといいです。
書類が出来るまでアンケートとか記入して・・・12時かぁ
大型検定のさっきの男性が時間を気にしてます。
仕事を休んできてるはず。。そうそう休めないから免許の交付に行きたいらしい。
事務の女の子も急いで書類を作ってくれてます。
私は明日でもいいかなぁ~って・・・
なのに
「限定解除はこれだけでいいからお渡ししますね」
「はい」
「このまま免許証と出してくれればいいですよ」
「ありがとうございます」

みんなに別れを告げ、大喜びで校舎を後にしました。


ウキウキで車に乗り自宅に帰り・・・やっぱり手続きしてこよーっと!
寒かったのであったかい服装に着替え運転免許試験場へ
大雨の中、トラックやダンプにイライラしながらギリギリ間に合いました。

ちょうど女の子がいなかったらしく、定年間近?な男性が受け付けてくれました。
「15分ぐらいそこで待っててね」
「はい」
戻ってきた女の子にやり方を聞いて、私の免許をどこかに持って行きました。
ほんの5分もしないうちに戻ってきて呼ばれました。
「まだ1週間なんだねー」
「はい」
「これ、有効期限は同じね。裏にちゃんと書いてあるから」
「ありがとうございます」
「気をつけて乗るんだよ」
「はい!」

私の手続きは終了です。

ちょっと気になってバイクの交付受付を覗いてみました。
一緒に合格した人が来てる。
おじさんも間に合ったんだろうなぁ~良かった。
[PR]
by kan_ten | 2004-11-18 16:48 | 夢 (免許取得まで)