ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検定を振り返って

真剣勝負には集中力と鋭い感覚が必要だと思います。
今回のバイクの免許の検定も、私の真剣勝負でした。

緊張のあまり、前夜は全く眠れず・・・当日も落ち着きのない行動をしてました。
じっとしていられないのでウロウロと歩き回って。。
自分の順番の間際には、手が冷たくガチガチになってました。
バイクの横に立ってから降りるまで、ほとんど記憶が飛んでしまったほどです。

しかし一晩経った昨日、いろんなコトが鮮明に思い出されました。

まずバイクのスタンドを外し、またがりミラーを合わせ。。。準備の途中で無線が・・・
「聞こえたら右手をあげて」と試験官からです。
しかし、まだ準備ができてなかったので無視、自分のペースでゆっくりと手をあげました。
その間2回ほど無線で聞こえるか聞かれてたけど(笑)
コースを走り出し、交差点は赤で信号待ち。
右折して踏切でまた停止、左右を大袈裟に確認し発進。
すぐに壁に囲まれた場所で左折、ここでも停止して確認し・・・ちょっと大回りになって。。
センターラインに気をつけながら障害物を避けて坂道・・・エンストです。
坂道のエンストは初めてでバランスを崩し右足をついてしまう。
再び信号の交差点、青だけど大型車が前に・・・慎重に後で停止。
急制動はスピードがなかなか上がらずアクセルをかなり開けながらカーブしてブレーキ。
そこからスラロームまでの加速で3速に入れるはずが足があたりローになったけど。。
すぐに3速に入れて落ち着けました。
スラロームの前で2速に落とし、クランク前の合流で教習生に道を譲ってもらいドキドキ。
クランクの出口付近で停止中の教習生に戸惑いながらそのまま右折。
一本橋、スピードが出すぎてしまい後ブレーキで調整(こんなこと今までできなかったのに)
S字も進入のスピードが速くなってしまって、体を大きく傾けました。
やっとスタート位置まで戻った時にはフラフラしてて、バイクから降りるのも必死。
手をあげた合図で終了。
次の人に「頑張って下さいね」と声をかけて待合室に戻りました。

どうですか?
失敗してる箇所が多いですよね?
教習中の私なら、焦っておかしくなってたはずです。
バイクを倒しててもおかしくないぐらいです。

でも、真剣勝負のときの集中力で正確な判断ができたのでしょう。
自覚していませんでしたが、頭は緊張してても体は冷静だったんですねー。
実は、終わった後まだ検定を待ってる人に「カッコよかったですよ」って言われたんです。
教官以外の人に感想を言われたのは初めてで・・・落ちてたとしても頑張れると思いました。

真剣勝負をしてる人はカッコいいのかもしれないです。
失敗しても全力を尽くせば後悔ではなく、なにか得る物があると・・・
[PR]
by kan_ten | 2004-11-20 16:42 | 思うこと