ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ドキドキドキドキ

いいお天気な日曜日。
友達にバイク用品店へ連れてってもらった。
感動感動感動!
使い方のわからないような部品ばかりだけど面白い。
雑貨屋さんみたい♪
バイクが決まったらまた来よう。


友達と別れ、ひとりで近所のバイク屋さんへ行った。
お客さんがいっぱいいて忙しそうな店員さん。
私はゆっくりとバイクを見てた。
前に来た時よりぜんぜんバイクの数が少ない。
結構入れ替わりがあるんだなぁ~と驚いた。

ウロウロしてたら、他のお客さんから少し手を空けて私に声をかけてきた。
真っ黒な髪でリーゼント、ちょろちょろと動き回る落ち着きのないお兄ちゃんって感じ。
「時間は大丈夫ですか?ちょっと待っててくださいね」
言葉遣いは丁寧だった。

整備のお客さんが終わり、私のトコに来た。
ホーネットやバリオスみたいなのがいいなーって話してて、他店の在庫も調べてくれた。
免許を取った話とか、足つきの不安とか、いろいろ聞き出された。
VTRも候補にあると言ったら顔色が変わった。
「VTRの見た目って好き?」
「実物は見たコトなくて」
「ほんとに好きになれなくちゃ乗ってて楽しくないからね」
驚きました。
なぜそんな質問をされたのか、まだわからないままだけど・・・

「だったらイイのがある 今日の下取りで入荷したてのバイク」
「え?」
「外にあるんだけど 見た?」
「見てない」
連れ出してまたがらせてくれた。
「ぜんぜん手を入れてないんだけど、これから磨いて店頭に出すんだよ」
「え! すごくキレイなんだけど・・・」
「保管状態がよかったんだよ」

初めて見るバイクに私はドキドキしてた。

「今はもう作ってない、しかも5年間しか発売しなかったから」
ダメです。
私、こういう言葉に弱いようです。
あまり乗ってる人がいないとか、珍しいとか・・・

しかも、この人すっかり友達言葉になってるし。。
「女性ひとりでバイク屋に入るって怖くなかった?」
「怖かった」
「ほんと気楽に入ってきてくれていいのにね」
見積もりと名刺をもらってさらにビックリ! 店長さんでした(笑)


さぁ、大変。
見積もりをもらったのはいいけど・・・不安がいっぱい。


96年 YAMAHA ルネッサ



さむーい店内で待ってたからか、背中から肩にかけてカチカチ。
すっかり肩凝りで・・・
夜には激しい頭痛と吐き気。
慣れない緊張だったからねー。
[PR]
by kan_ten | 2005-02-07 13:58 | バイク選び中