ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

逃げ出す

阿蘇を見ると煙が見えた
噴火したのだろうか
もっと恐ろしい事が起こるのか
多くの大きなお屋敷の屋根瓦は落ち
塀は崩れて道路を塞いでいたり
胸が苦しくなった

なんとか到着
家に戻ったが中に入りたくない
怖い
でも猫を

玄関はハンガー掛けが倒れている
リビングにはアルコールの匂いが充満していた
梅酒のビンが落ちていた
コーヒーカップが割れていた
トイレは水洗レバーが傾いて水が出っぱなしだった
猫がいない
余震が強く外に出た

家族会議
これからどうするか
まだまだ余震が起こりそう 雨も来る
私は不安感が強くなっていた
涙が出てきた
だんだん声が抑えられなくなってきた
これからのこと猫のこと
ここに居たくないけど逃げちゃダメ
苦しかった
いろいろ考えて熊本から一度離れることにした
猫 心配だけど自分が壊れてしまう
彼らは安全な場所がわかるだろう
ゴメンね ゴメンね

また家に入り着替えを出した
ブレーカーをおとした
冷蔵庫からヨーグルトと豆腐を出した
猫のカリカリを多目に出した
食べないだろうけど
「絶対に帰って来るから無事でいてね」
余震が何度も来る
泣きながら福岡に向かった

お昼すぎ頃だったのかな
高速道路に乗ると下りは大渋滞だった
救急車や消防車 電気工事の車 いろいろ
支援のために遠くから来てくれていた
上りには佐伯の消防の車が何台もいた
由布では高速の土砂崩れで通行止めだけど
地元に早く戻りたいだろう
レスキュー隊のみなさん ありがとう
涙が止まらなくなった

熊本を出ると別世界に来たような気がした
ちょっと気持ちが落ち着いた
お義母さんがご飯を準備してくれていた
久しぶりに落ち着いて食べられた
テレビは酷い状況が流れていた
阿蘇神社が潰れてる 嘘でしょ
ショックが強くてまた涙が出てきた
眠気がピークで気付いたら寝ていた

たまに揺れても強さが違う
揺れが無いってこんなだったのね
お義父さんは地震とは関係の無い話しをしてくれた
風が出てきて雨も降ってきて
猫が心配だった
かあちゃん少しでも元気になって戻るから
祈るしかなかった

福岡でも緊急地震速報が鳴る
家が 猫が心配だった

あまり眠れない夜が3日
夜が開けた
雨が止んだ

お義母さんの朝食 昼食 美味しかった
次はいつ温かい食事が食べられるだろう
おにぎりとじゃがいも饅頭と筍の煮物を持たせてくれた
すごくすごく感謝です

体がラクになり気持ちに余裕ができた
被災中の人
少し 逃げ出すのもアリですよ


これを書くのに1時間以上
思い出しながら泣きました
まだまだ心が不安定
[PR]
by kan_ten | 2016-04-19 16:45 | 熊本地震