ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

初乗り

やられました。。。。。。。

キックってあんなに大変だったのねー。
新たな試練です。


U子がバイク屋まで行く!というので10:30に迎えに来てもらった。
まさか?とは思っていたがApeで来た。
後ろに乗せられしがみつき固まる私。

途中で車にジロジロ見られ、黄色のでかいスクーターにニコニコされ・・・
バイク屋の店員さんは笑ってた。
「さっそく2ケツですかー」
私はヘンな力が入っててそれだけで疲れてた。
バイク乗れるか心配。。

私のバイク、赤くてかわいい!
「あんたは他のバイク見ちゃ駄目だよ!」
「なんで?」
「欲しくなるでしょー」
「大丈夫だってば」
でも、大きいの見るとちょっと・・・

さて、バイクの説明。
とっても簡単に終わった。
「さ、キックの練習してくださいね」
試しに見せてくれる店員さん。
「あれ?新車だから最初はかかりが悪いですね」
「え・・・」
「慣れれば大丈夫ですから」
それまでが心配なんです。
キックのコツをつかむまで30分。
こりゃエンストできないなー。
この時点でヘトヘト。

やっと勇気を出して公道デビューです!
ちょっとふらついたけどコケずに発進。
広い駐車場のある公園までとりあえず走ることに。
すると、途中で黒いバイクがこっちに合図を送ってすれ違いました。
ふーん、バイク乗ってるとこんなコトあるのね。

公園に着くとU子が
「さっきついて来いってバイクがいたでしょ?」
「そう?」
と思ってたらバリオス登場!
ネットで私のバイクを知っていた人が追いかけてきたのです。
もうビックリ! すごい偶然!
よっぽど目立ってたのでしょうか?
ちょっこっとお話をして、私は練習開始です。
まだ一緒に走る度胸がなかったので・・・

で、練習はキックがほとんど。
走るより難しいです。
途中の踏み切りでエンストして泣きそうでした。
ガソリンスタンドのおにいちゃんもやさしく給油してくれました!

海まで走ることにして、信号のない道を70km/hで走ったら気持ちいいー。
目が痛かったけど海を見たら感動でした♪
「あんた急にスピード上げるんだもん、びっくりしたよ」
ごめんなさい。。
U子とはここでバイバイして、ひとりで帰ります。

ノドが乾いたから途中で缶コーヒー休憩をしました。
こ、これがいけなかった!
エンジンかかりません。
ここでまた15分蹴り続けました。
恥ずかしいやら悲しくなるやら・・・
なんとか自力でキックがかかると嬉しくて涙がでそうになりました。

もう帰るもん。

疲れてヘトヘト。
やっと家の近所まで来たら、バイクが2台。
前は女の子がフラフラ乗ってました。
すると、後ろのバイクのおにいちゃんがこっちを見て手をあげてくれました。
疲れは吹き飛ばなかったけど、心があったかくなりました。


デビューにしては大満足♪
たった45kmだけど、長く感じたー。
b0049123_1221047.jpg
[PR]
by kan_ten | 2005-04-23 17:05 | XR100