ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

いざとなったらなんとかなるのね

今週の仕事疲れから遠くまで行くのはやめました。
でも、せっかくいいお天気なのに乗らないのはもったいない。
肩凝りもほぐれるかも知れないと思いバイクを出しました。

さて、どこ行こう。
まずは腹ごしらえ!と思い。なぜかうどん屋さんへ。
安くてすぐ出てくるからひとりでもさみしくない。
しかし、踏切の途中でエンスト。。
必死でバイクを押しました。
ほんとにね、サッと降りて考える間もなく走ってたの。
そんな想いの中、食べたうどんの味はわかりませんでした。

さ、次はどこ行く?
と考えるより不安な事が起こったのです。
シフトチェンジが固いの。
ガクガクガクってして滑らかじゃなくて・・・
やっとできるようになってきたニュートラルも全くダメ!
信号や交差点でチェンジするたびに緊張してました。

もうイヤ・・・私ひとりで走ってるのが怖い。

初めて感じた恐怖です。
どうしたらいいのか考えても解決しないし。。

と、思ってたら信号待ちからスタートした瞬間にエンスト。
また歩道まで押してダッシュしました。(自分の気持ちはね)
恥ずかしい気持ちより、後ろからぶつかってこないでねー!とお祈り。

休憩しよ。と定めた公園まであと300mってとこで、
「そうだ!あそこにバイク買った店の支店があった!」と思い出しました。
そのまま公園には行かず方向を変えてバイク屋さんへ。
初めて入る所にドキドキしながら入りました。
整備のお兄さんが出てきてすぐに聞いてくれます。
「あのね、急にチェンジが固くなったの」
「どれどれ・・・熱いなぁ~」
「へ?」
「あ、マフラーが熱いの。この奥にワイヤーがあって」
「うん」
「少しだけ冷めるの待ってもらっていいです?」
「全然いいですよー」

店に並んでるバイクを見てるとまた欲しくなっちゃいます。
いいなぁ~大きいのも乗りたい。。

と、すぐに呼ばれました。
「クラッチの遊びが大きすぎでいっぱいまで握っても半クラに近かったみたいです」
「だから強く握らないといけなかったってこと?」
「そうですね、もう大丈夫だと思いますよ」
「ありがとう! あ、そうそう、リアブレーキがうるさいんだけどそのうち直る?」
「まだこの距離だから・・・でも気になったらすぐに持ってきてください」
「はーい、ほんとありがとうございました」

他にも待ってるお客さんがいたので、整備のお兄さんはそちらへ。
私はヘルメットをかぶりキックします。
お、ちゃんと元気じゃん!
と、すぐにエンスト。あらら、サイドスタンド出たままローに入れちゃった。
またキックしてやり直し。
今度はちゃんとスタンドをしまいました。
「うぃぃぃぃぃぃ~ん!」
バイクが進みません。
お兄さんが飛んできました。
「あ、半クラの位置がずいぶん変わったんですよね」
「そうですね、でもすぐ慣れますよ!」
「はーい、でも私すごくかっこ悪いね・・・」
お兄さん笑顔で笑ってくれました。よかった。。無視されなくて♪


また私のならしの開始です。
なかなかクラッチの感覚がつかめません。
でも、『N』に入りやすくなりました。
これで信号待ちも左手が休憩できる!と喜びました。
しかし、こんどはニュートラルからローに入りません。。。
ど、どうしよ・・・
エンストしてないけど進まないバイクです。
広い道路だから怖かった!
後ろの車は気長に待ってくれてて感謝です。

近所の公園の駐車場で練習しました。
ローに入れる前にバイクを動かせば入るコトがわかって一安心。
待てよ?ってコトは短い信号待ちではモタモタしちゃうから危険??
と、信号待ちごとにドキドキな私の前にコペン?(軽のオープンカー)がいました。
信号が青に変わったらエンスト。
きゃー私だけじゃないのね!
ちょっと嬉しかったり。


さてさて、私はまた新たな試練です。



メーター 686km
本日の走行距離は66kmですね。
トラブルが多かった割には走ったかな~♪


でもね、でもね、でもね。。
2台で走ってる人たちが多かったの。
ひとりでさみしく思った日でした。
[PR]
by kan_ten | 2005-05-21 19:14 | XR100