ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

朝は東から夕方は西から

晴れた日はバイクに乗らないともったいない!
昨日は約束してた親戚の子守役がキャンセルとなりフリーの身となった。
当然リンダとデートでしょ♪

もう秋の風を感じるようになっていた。
早く出掛けたいばかりの私は、違和感を感じながらも出発。
田んぼの中の見通しのよい道路で稲刈りの準備を目撃。
直後、鳥避けの空砲の音。。一瞬なにが起こったのかわからなかった。
一瞬ドキッとした時、さらに驚いた。
「あれ?私なんで半袖なの??」
まぁ風も冷たくないし、日向は気持ちいいぐらいだったのでそのまま。

私の大好きな東側を南下し、西側を北上する知多半島1周しよう♪
真夏を過ぎた海はさほど混雑してないはずだもん。
2ヶ月走らないだけでこんなに景色が違うのね~。

一番のお気に入りが師崎から豊浜辺りの海沿い。
キラキラした水面は、2日前の台風を感じさせないほどキレイだった。
でもね、やっぱり夏の太陽は危険だった。
腕がジリジリと焦げ付いてきたの。。
早く帰らないときっと大変なコトになりそう。
ペースを上げた。

最初はのんびりだったので3時間。
濡れたタオルで腕を冷やしながら、脱水症状気味な体に水分を入れた。
直後、珍しい人からメールがあった。
「今どこにいる?」


ずーっと会えないでいた同級生で、ちびだけど元白バイ乗り。
仕事が終わって時間があるからって! APE号も誘って会うことになった。
「暑くて日焼けするー」ってAPE号が言うからファミレスでお茶することに。
そこまでの移動中で・・・黄色信号は加速!だと思ってた私に衝撃が!
先頭のセローが停止。リンダは急ブレーキ。。あれ?後輪が右に滑ってくよ???
私の頭の中では長い時間が流れていた。
「ってことはここで転倒?いや、交差点の真ん中だし・・・だったら行っちゃえ!」
って通り過ぎた。
交差点の先で停止してミラーで後方を見ると、2人の顔が怖かった。
今から説教かな・・・と覚悟した。

朝から何にも食べてない私は食事しながらの雑談。
「あれは絶対に転倒したと思った」
「うん、私も思った」
「よく持ち直したよなぁ」
一度決めた自分の判断は貫き通せ!と教えられた(笑)

家庭持ちのふたりは奥様・旦那様のグチを言い合ってた。
それで「お前も早く結婚しろ」と言われてもねぇ(^^;
スッキリしたAPE号は「夕方から祭り行かなきゃいけないから・・・」と帰る事に。
セローとリンダは・・・また知多半島を走ることになっちゃいました!

『黄色信号は止まれ』を何度も頭に叩き込まれるように、ほぼ信号ごとに停止。
停止するとリンダの熱が私に伝わってくる。。ふぅ。
野間灯台で休憩を入れた。
缶コーヒーを飲みながら、景色など見ずバイクの話!
「お前なんでこれにしたの?初心者が選ぶとは驚いた」
から始まり、私の質問は『100cc』ってどこ走れるの?とか。

「原付じゃないから『原付不可』ってトコは走れる」
「え?三河湾スカイラインとか?」
「うん、あそこは行けるよ」
「名四の高架のとこは?」
「あそこも自動車専用ではないはずだから、125cc以下不可じゃなきゃOK」
「んじゃ確認しに行って来なくちゃ!」
一気に行動範囲が増えた気がする。

野間の夕陽ってこんなに美しかったの!って時間になった。
なんでお前となんだ!って思いながら話し続けてたら暗くなっちゃった。
「休憩終わり! 走るぞ」
南下するうちにどんどん暗く暗くなっていく。
と、急に半島の中へ走って行った。ついて行くリンダ。
どこに連れて行かれるの?
でも、軽いクネクネがあったり広い道・狭い道・抜け道などいろいろだった。
うん、面白いじゃん♪
頭上にはキレイな星空☆走りながらは危険だけど見ずにはいられなかった。
こんなんじゃいくら時間あっても足りないよ(笑)


ってことで、まだまだ穴場はあったらしい。
でもね、可愛い娘が待ってるから次の機会ってことで解散!

リンダもよく走ったね。


メーター 2707km
この日の走行距離 198km でした。
[PR]
by kan_ten | 2005-08-28 09:59 | ツーリング(知多から)