ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

秋の香り

通勤のためにバイクに乗る生活がやっと普通になってきた。
午後からの『雨』も気にならない。
ちょっとだけ機嫌の悪そうなリンダ、イヤな予感。。今日はなにかあるぞ。

いつもより少しだけ早く家を出た。
ほんの5分。
でもね、景色が違う。
見たこともない車が多いことに気付く。なんとなく新鮮。

んんん?この香りは?

姿は見えないけどキンモクセイを感じた。
頭の中にback-gardenさんの昨日の記事が浮かんできた。
そんな朝だった。


朝礼中、イヤな予感が現実になった。
電話に呼び出され、自分が起こしたミスが発覚!
大きな損害を出してしまった。

今の仕事に就いたのは半年ほど前。
訳もわからず10日で引継ぎして、最初は小さな間違いが多かった。
「ゆっくりでいいから間違えないでくれ!」
おじちゃんに怒鳴られ凹んだこともあった。。
そのおかげか大きな自分のミスは無かった。

そのおじちゃんが、
「今回のことはすまないと思ってる・・・」
すごくやさしい言い方で、私を責めるどころか助けてくれた。
おじちゃんがチェックしなかったのも、私を認めてくれるようになってたから?
「全部こっちでやっとくから」
気が抜けた。私のミスなのに怒ってくれない。。

こんな事態が起こってても、次々と仕事がやってくる。
時間に追われた仕事。考え落ち込んでいる暇はなんて無い。


今朝のキンモクセイ、こんな私をなぐさめてくれた。
余裕を持たなければ。
発覚したミスは、余裕なく忙しくしてた時のミスだった。
コーヒーが飲みたい所だけど、最近どうも体が拒否するのでコーラで一服。
炭酸のシュワシュワがノドに気持ちよかった。


でもね、これで体が冷えちゃったの。
まだ半袖でいたんだけど上着を羽織った。
まず、隣の席の子
「どうしたの?寒いの?」
「う、うんちょっとね」
すれ違うみんなが心配してく。
「大丈夫?」
「え?うん」
なんで?????
いきなり私のおでこに手を当ててきたおばちゃん
「熱あるんじゃない?」
「ねぇ~なんでそう思うの?」

あははははーーーーーっ

おばちゃんに大笑いされた。
「冬でも半袖でいるようなキャラじゃん」
「そんなことないよぉ~寒がりだもん」
「雨の中でもバイク乗ってるのに何言ってるのー」

だって(^^;

まぁね、今日も濡れて帰ってきたよ。



自然を感じて、季節を感じて。

バイク乗ってる時は時間も忘れてる。
とっても幸せなことだと思う。

明日から連休だね。



元気な自分を取り戻そう♪
[PR]
by kan_ten | 2005-10-07 19:26 | 思うこと