ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ハシレヒメマル

ここんとこ気持ちに余裕がなかった。
なんかね、人にやさしく接することができない自分がイヤだ。
仕事に文句は言わないけど、態度に出てたのかなぁ~お手伝いが増えた。
今日は久しぶりに明るい時間の帰宅ができた。


先月下旬、荷物が届いた。
さらっと目を通したけど、胸がとっても苦しくなったの。
片手間じゃいけないな。
そう思った。

今日、やっとゆっくり見ることができた。
私の知らない世界『ハシレヒメマル

自分と重なるところはないはず、なのに胸が熱くなる。
舞台は全く違うけど、教習所時代を思い出すから。
そこには涙をこらえながら頑張った自分がいた。


教習所に通いだしてすぐ、バイクで手を怪我した。
家族にも友達にも内緒にしてたから怪我の理由もウソついてた。
今でも痕が残ってる。忘れちゃいけないってことかなー。
ほんとに自分に自信がなくなって、免許をあきらめようとまで思ってた。
でもね、泥の中でも必死で頑張ってる人がいたの。
こんなトコで泣いてる自分が情けなかった。

2年前の秋、普通二輪小型限定→すぐに限定解除。
リンダに乗り出して1年が過ぎ、ダラダラ運転するようになってる。
自分が一番嫌がってた『日常』になってしまった。
暑い夏も寒い冬も、雨の中でも通勤に使ってる道具。
ちゃんと楽しんでるのかな? 自信がない。
いい加減だよな。

今朝、遅刻しそうになって急いでリンダで走り出した。
途中で半袖だと気付いた私。。もう戻る時間がない。
焦ると同時に油断してる自分のことが怖かった。

夕方、久しぶりに夕焼け空の中で帰ってこれた。
気温はまだ生温い。
半袖なのに風が当っても涼しくなかった。
家に近付くと住宅街から抜ける。片側が田畑の広い道路になる。
するとね、気温が違うの。気持ちいい!
土はいい。
車では感じられない感覚。
なにかを取り戻せた気がする。



いつかこんな自然を相手に楽しめたらいいな。
今のままの私じゃダメだけど。。
見るたびにいろんなことを考えてしまう作品です。

ありがとう。
[PR]
by kan_ten | 2006-08-10 21:11 | 出会い