ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

上に乗って動かしたいんだもん

実は昨日、自動車学校に行ってきた
受付の女の子が可愛かった
「あの、免許取りたいんですが…」
「自動車ですか?」
「あ、いえ…バイクなんですけど。。この身長でも」
一瞬彼女が固まった
「だ、大丈夫ですよ~」

簡単な説明を聞いた後
「バイクを見に行きましょう!」
二輪の指導員の部屋まで連れて行かれた
生徒も8人ほど集まっていた
予想以上に大きく見えるバイクにちょっと尻込み
すぐにハンドルを握るように言われた
重い。。支えてもらってるのに
「じゃ、またいでみて」
「はい!」
左足つま先立ちでお尻はシートに座れてなくて、右足はかろうじてステップに届く程度
その状態で指導員と受付の女の子が話をし始める
私の思いを伝えてくれているみたい
でも、私は必死でバイクの重みに耐えていた
左のふくらはぎがプルプルしているの。。普段使わない筋肉を感じた
「ちょっと降りて」
やっと地面に降りてホッとする

教習が始まるみたい
生徒全員がバイクに難なくまたがった
みんな両足余裕で膝を曲げて座っている。。これが正しいんだよね
自分との違いに悲しくなった…甘さに気がついた
生徒を走らせて指導員が私を呼んだ
「はい、また持ってごらん。今度は少し押してみよう」
これは大丈夫だった
「じゃぁ倒すから起こしてみようか」
重い!でもなんとかなった
「はい、またシートにまたがってみて」
これが一番ツライのに。。
「大丈夫、乗れるよ。でも小型からにしない?重いでしょ」
と、車庫に連れて行かれた
小型って言っても私には大きかった
結局つま先立ちからは解放されず
「一度どっちにするか考えてみてね」

受付の女の子と仲良くなっていろいろ話を聞けた
最近は女性も多いこと
ただ、途中でこなくなる人もいるらしい
倒れて起こしてを繰り返すうちにイヤになっちゃうって
「でも、バイクの先生は熱血ばかりなんだよ~」
「そうなんだ。すごくやさしくて驚いたもん」
「自動車はみんな常識で取りにくるから、いい加減な生徒さんも多いの」
「そうだね。。みんな必要だもんね」
「バイクは取りたくて来るでしょ?真剣な生徒さんには力入るみたい」
「ちょっと…かなり不安なんだけどね」
「自動車が乗れるんだから大丈夫!」
「え?」
「楽しそうだったし、頑張って下さいね!」
「ありがとう」

楽しかった♪
なんで自動車免許あるのか知ってたんだろ?
緊張してたのに楽しそうに見えたんだ。。


これから私どうなるんでしょ??
[PR]
by kan_ten | 2004-09-22 10:30 | 夢 (免許取得まで)