ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

見るだけで興奮

初めての経験
たまに通る道なのに気付かなかったバイク屋さん
入るのにすごく緊張したけれど…

整備をしてた人が出てきて声をかけてくれた
「あ。。あの。。。ヘルメットが欲しいんですけど…」
「はい。こっちですね」

これから免許を取ること、全く知識がないこと…丁寧に説明してくれた
「ごめんね、品揃え悪くて…」
黒いヘルメットが気になったけど、大きすぎて。。
取り寄せると私の教習が始まってしまう
結局ワイン色に決めた
決まってしまうと急にかわいく感じる

会計のため事務所に行くとオネエさんがいた
嬉しそうに話しかけてくれた
「どんなバイクに乗りたいの?」
「まだ何にもわからないんですよ…」
「じゃ、いろいろ見に行こう!」
たくさん並んだバイクから好きなの言ってみてとのコト
でも、どれを見てもカッコいい
女の子が好きそうなの…とドラッグスターにまたがらせてくれた
教習車より足が届いてご機嫌♪
「2階はまだ行ってなかった?」
「え!2階もあるんですか?」
「じゃあ行こう!」

もうホントにどれを見てもカッコいい
ワクワクしてあれもこれもと近寄っていくと説明してくれる
「このブルーすごくキレイ!」
「あーあっちの赤もいい!」
「ん~でも黒もいい」
「いやん、この白いのも素敵」
あれだけいろいろ見てきたのに名前はひとつも…忘れてしまっていた

オネエさんは3年前に大型を取ったらしい
私より少しだけ上に見えたけど…実は40代後半って教えてくれた
かなり若く見える。。
お互いに自己紹介までして…住所を言うと
「あ! この店の若いコもその近所に走りに行ってるよ!」
「うん、あそこすごく近所。昨日も夜にバイクの音がしてて気になったの」
「じゃぁやっぱり。。あのカーブを走りたいんだね?」
「…うまくなったら。。。」
「了解! スカイラインのツーリングに参加決定!」
「まだこれから免許なのにぃ~」
「大丈夫! 教習中、私は救急車で運ばれたから! ちゃんと病院に連れてってくれる」
「そんなぁ~バイク壊れるぐらいで許して欲しいよぉ」
「教習車の修理ここの支店がやってるから、いくらでも壊していいよ」
「はーい! うまくコケる練習します!」

「いい趣味ができたね~」
心に響くひと言をくれた

なぜこの店の近所にある自動車学校にしなかったのか、理由を3人に聞かれた
「えーそんなこと言われたの? 大丈夫なのにねー」
みんな同じこと返してくれた
とくに3人目の男の子が親身になってくれる
「足が届かないのは危険なんだって」
「誰だって危険なのに…ここだけの話だけど、厳しいからよかったかも」
「え?」
「これから通うトコの指導のが熱心だから!」
「頑張ります!」
彼の身長も低かった。。心配してくれたんだね

気付けば1時間半
ワクワクしっぱなしだった
最初の、足がすくむような緊張感がなくなっていた


楽しい! バイクって夢見てるだけでもすっごく楽しい♪
[PR]
by kan_ten | 2004-09-28 23:30 | 夢 (免許取得まで)