ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

真夏のできごと

もう9月、でもまだまだ暑いですね。
九州だからと覚悟していたけれど、予想以上に蒸し暑かったです。
全くリンダに乗りませんでした。
もうちょっと涼しくなってきたらねー。


そんな中で、オフロード体験してきました。
ブーツにプロテクターで自由に動けません。
暑さでそれだけで汗が吹き出てきます。
準備運動してても自分の体じゃないみたいだし。

バイクはCRF100でした。
サイドスタンドしないでエンジン始動と説明されたけどもちろんムリ。
いつものようにステップの上に立ってキックです。
みんなについて行きたいけれど、言われたようにできなくて悔しい。
バイクに乗るのをこんなに怖いと思ったのは初めてでした。
ターンで足をつかせるのが怖くて前に出せません。
止まらない汗と一緒にたぶん涙も出てました。

次に困ったのはアクセルターンです。
停止した状態でハンドルをいっぱいに切ってバイクを傾け・・・られません。
太陽の下にいることがこんなに苦痛だとは思いませんでした。
ボーっとして頭痛が強くなってきたので日陰へ非難しました。
なんでこんなツライことしなくちゃいけないんだろう! と腹が立つし。

ここで休憩が入り水分補給しました。
もう戻りたくない。。

その後のことはあまり記憶がありません。
ブレーキで後輪を滑らせるとか、斜面の姿勢とか説明あったような。
順番に課題を練習したんだけど、待ち時間が苦しかった。
ずっとクラッチ握ったままで左手が痺れてたような。

最後に木の間や凸凹した土の斜面のコースを走りました。
基礎を怠けたおかげで苦手な部分が出来ていた。
何周かしてるうちにフラフラ。
もうアクセルを一定に保つことができなくなってた。
急な斜面を上って1速から2速にしようとしたけど入らなくて。。転倒。
どう転がったのかわからない。でもやわらかい土の感触だけおぼえてる。
「もうこれで乗らなくていいんじゃないか・・・」



怪我は無かったんだけど、夜は熱が出ました。
上半身はどんな力を入れてたの?ってぐらい体が痛かった。
『初心者』と『初級』は違うんだと気付いたのもその時だった。

もう絶対に乗らない! と思ったのは当日だけ。
翌日にはCRF80ならもっと乗れるんじゃない?と。


オフ車は足が届かなくてもいいとか、つくと危ないとか言われる。
なんとなくわかった。
でもね、怖いものは怖いのですよ。
だって他の人はみんな両足が届いてるんだもの。
ま、走り出したらいいんだけどね。

次は自分のペースでやりたいな。
あと、前日の酒はダメね。
[PR]
by kan_ten | 2007-09-04 19:22 | 日記