ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

みきわめ

20時間目

さあ! 検定に向けて仕上げです。
元気よく教習所に行ったのですが・・・

教官は私の一番嫌いな人でした。
配車券を返して出し直せたら・・・と一瞬。。
しかし、ここで負けてられないとバイクの待合室へ。

緑のゼッケンがたくさんいます。
みんな一段階、教官は付きっ切りになるなずです。
私はのんびりコースを練習できるかな~なんてお気楽でした。
でも、バイクと息が合いません。
なぜか3速に入れるのが非常にカタイ!
なんとなくイヤな予感。。

倒れないまでもスムーズに乗れません。
一本橋も落ちる回数が多くなってしまいました。

終了時間です。
「検定はいつ受ける予定?」
「明日でした。」
教官の驚いた顔。。
「じゃぁ~今からもう1時間乗っておく?」
「ですよね・・・でも予約大丈夫なんですか?」
「聞いてみるね」
特別にもう1時間入れてもらいました。


昼休憩をはさむため、私は急いでお金を引き出し入金。
ついでに中型の入校申込みもしました。
受付の女の子は「頑張ってね!」と励ましてくれたけど・・・


21時間目

さっきと同じ教官です。
私、さっきよりも乗れてません。
途中で悔しくなってきました。
当然のようにバイクは私の心を察して・・・
センターラインははみ出すし、
自動車の教習車があまりに遅いために、優先ではない場所で先に発進しちゃうし。。
ボロボロです。。

自分のイライラしてくる気持ちを抑えるのが必死です。
「もういい・・・こんなままじゃ検定もうまくいかないもん」
怒りから諦めに変えようと努めました。
なんとか教習が終わるまでに・・・

「検定どうする?」
「明日の予定でしたが・・・」
「不安なのは自分でよくわかってるんだよね?」
「はい・・・」
「でも、今週中にはいけるはずだから!」
「そうでしょうか?」
「発進を気を付けるコト、課題はなんとかできてるんだから」
「はい」

ハンコがもらえない原簿を投げ捨てたい気持ちを抑え、教習所を後にしました。
[PR]
by kan_ten | 2004-11-08 15:04 | 夢 (免許取得まで)