ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検定前の練習

22時間目

もう何度目の発熱でしょう。。
早く風邪が治らないと楽しくバイクに乗る気分になれません。
なんとか起きて教習所に行きました。

配車券・・・お! 石○教官です。(初回と19時間目の担当)
ちょっと気がラクになってバイクの待合室へ。
「あれー? 火曜日に検定じゃなかったの」
「月曜日にうまく乗れませんでした」
「そっか、じゃぁ明日の検定ね」
「はい」
えー乗る前から決定ですか!

慣らし走行の時、やっぱりエンジンが不安定です。
カーブの前になると勝手に加速しちゃうし・・・
もーこんなんじゃイヤ!
と、教官をあおって2台で結構なスピード出してました。
私の後ろ・・・誰もついてきてません。。
ごめんなさい。

で、今日の案内を聞こうと停止した時・・・
バイクが右に傾き始めました。
「あ、だめぇ~」
「コラァ! 踏ん張れ 倒れるな!」
強い口調の教官。。
でも、バイクと共に私もひっくり返りました。
みんなの先頭で・・・
「あ~ぁ 明日、検定でバイク倒すなよー」
ホントに世話のかかる生徒です。

すぐにバイクを起こし指示を受けます。
「今日はA,Bコースを一度走ったら、後は課題の練習しなさい」
「はい」

検定のスタート位置から出発です。
自動車教習の中に合流すると、交差点で前の車が動かなくなってしまいました。
エンスト? なワケありません。AT車ですから・・・
私は右折しかけてて。。
抜かしたい所を我慢して待ってました。
検定中でなくて良かったです。

そして・・・一本橋。
見事に渡れませんでした。
不安です。。
もう徹底的に何度も何度も。。やっと5割の成功率って所でしょうか?

もうひとりの教官がやってきました。
シュミレーターの時にバイクの話をしてくれた人です。
「今の一本橋の感じを忘れないように」
「はい」
「あとね、乗車と降車の練習もした方がいいよ」
なるほど・・・失敗が多い箇所なんですねー。
「せっかく課題が成功しても最後でダメだと悲しいからね」
「はい」

降車の練習をみきわめの生徒がしてるの・・・見たことありません。
ちびっこの弱い所をちゃんと教えてくれて。。感謝です。

そして念願のハンコ

「明日は緊張せずに走ること」
「はい」
「一本橋はタイム気にせずに走り抜けること」
「はい」

そして。。

「起きて雨が心配だったら、電話して検定の日を変えていいからね」
「え? できるんですか?」
「なんか理由つけて変更しちゃえばいいよー」
「土砂降りだったらそうします!」


あーメチャメチャ緊張しています。。
[PR]
by kan_ten | 2004-11-10 12:34 | 夢 (免許取得まで)