ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:思うこと( 18 )

バイクにのる理由

楽しいから乗ってます。自己満足です。

二輪の免許を取るまでは『いつ死んでもいい』と考えてました。
好きなことをしてる時に死ぬのは幸せだと思ってました。
死ぬ間際までバイクに乗っていた祖父をカッコいいと憧れています。

バイクに乗り出していろんな経験をしました。
危ない目にもたくさん合いました。
サーキットで吹っ飛ぶ人も見ました。
大事な人も増えました。


バイク乗りはバイクで死んじゃダメです。

楽しい時間の途中では悔しいです。
もっと楽しさをみんなに伝えてからじゃなくちゃ。
これからバイクに乗る人の手本にならなくちゃ。


70歳を過ぎてもバイクに乗っていたじいちゃんは素敵でした。
バイク乗りは長生きしましょ!
[PR]
by kan_ten | 2007-10-10 17:32 | 思うこと

被害者か加害者か

ようやくちょこっと涼しくなってきましたね。
紅葉はまだまだだけど。あ、銀杏拾いしてきました!
素手で処理したら手の皮がべろべろに剥けてしまったよぉ~。

今は静かな住宅地に住んでいます。
犬や猫を飼っているお宅が多く、ニワトリの鳴く声もします。
バイクのある家の前をバイクで走ると犬がピョコンピョコン跳ねます。
冬はとても寒くなるらしいので今のうちに楽しまなくちゃです。


近所にハーレーを複数台持ってらっしゃる方がいるようです。
曜日に関係なく仲間が集まり走りに行っています。
ここは静かな住宅街です。

私はバイクの音に多少は寛大な気持ちでいられると思っていました。
でも毎日のように続くとダメでした。
まず仲間が集まりだし、エンジンをかけると響きます。1台1台増えて・・・
最初の頃は雷かと思いました。キレイな青空なのに。。
すぐに出発してくれればいいのですが、仲間を待つと長いです。
整備してる時は長時間の騒音です。
『HONDA』と入った整備士用のつなぎを着た人も出入りしています。
どのくらいの音がしたら警察呼んでいい?と考えることもあります。

だんだんとハーレーが嫌いになっていく自分がいました。


そんな私も先日インシュレータを外しました。
こんな1枚の板でこんなに変わるものかと驚いています。
そして音が大きくなりました。
知多に住んでる時はやめといてよかったなーと思います。
じゃぁなんでここならいいの?ハーレーにイライラしてるんじゃないの?

騒音に感じる基準って人それぞれ、だから気をつけないといけない。
犬の鳴き声でも私は小型犬の高い声が耳障り、音の質もそれぞれ。


ちょっとコーヒー飲んで落ち着いて、自分の頭を整理してみた。
秋だからか、なんかちょっぴり泣けてきた。

ハーレーが悪いんじゃなくて乗る人のマナーの問題。
「カッコいいだろ♪」って気持ちで乗ってるのは伝わってくる。
仲間といるから気持ちも大きくなるのもわかる。

私はそれを『ハーレー』と括るけど、バイク乗らない人は『バイク』と。
バイクは怖い、危ない、ウルサイ、近付いちゃいけないってなるよね。
それはすごく悲しい。
「女の子は危ないから乗っちゃいけない」そう思われてもしょうがない。
すごく悲しい。



今日もいい天気。
ぐちゃぐちゃ考えてないで外に出なくちゃね♪
[PR]
by kan_ten | 2007-10-03 10:21 | 思うこと

風圧

川沿いを走ってる時、追い越されました。
食品会社の名前が入った冷蔵車です。
右も左も土手です。高さ3mぐらいかな? もっとある??
幅は対向車が来たらスピードを落としたくなるぐらい。

たまに後方は確認してたけど、気配を感じる間もなかった。
私は左側に落ちないように真ん中寄りを走ってた。
右からギリギリを制限速度2倍ほどのスピードで抜かされた。


風圧でよろけました。

落ちてたらどうなってたんだろう?


恐怖よりも怒りがこみ上げてきました。
もちろん追いかけました。
トラックに書いてある電話番号を確認しました。
電話しました。
しかし、謝罪はありませんでした。


事故にならなければ、怪我をさせなければ、何をしてもいいんですか?
[PR]
by kan_ten | 2007-04-14 23:56 | 思うこと
昨日の走り足りない気持ちが朝まで続いてた。
どこ行こうかな?
で、なおさんにメールしちゃった。
付き合ってくれるって♪
こういう「今からどう?」って感じがすごくいい。
感謝。

で、リンダを出して出発。
家を出て左折しなきゃなのに右折してた。
会社は右。車で出る時も右。
自動車専用道路を走れないのすっかり忘れてたらしい。
伊良湖では不便なく走れたのになぁー。
ちょっと小回りして待ち合わせ場所へ向かいました。

その途中です。
3車線から2車線へ変わる所でした。
リンダを車線変更させて、ウインカーを確認。
「あーーーーっ!」
信号が黄色で、前を走ってた車が止まりました。
私は一瞬手元を見たために行動が遅れました。
車が少し左、リンダは右に逃げました。
ほんと1秒もないまま。。
隣の車線には車がいないこと、前はいないこと、咄嗟に確認。
今でもハッキリ思い浮かぶ場面です。
転倒も追突もなかったのが不思議でした。
泣きそうなぐらい動揺しました。
そのまま走り過ぎてしまった自分を反省です。ごめんなさい。


なんとか平静を装いなおさんと合流。
ちょっとホッとしました。
今回は「七里の渡し」の三重県側を目指しました。
名古屋港へ続く道路が大渋滞。
左手が痛いよぉ。。
脇道に逸れて23号へ入るとトラックが少なく走りやすい!
橋の上だけ寒くて、少し緊張した。
堤防沿いで川を見ながら休憩。
やっぱりバイクの話題(笑)

  私ね、自分なりの区別があるの
  アストロさんのを見た時、これは『単車』って思ったの
  かめねこさんの見た時は『オートバイ』だった
  リンダは『バイク』なの
  どれも同じ!って言われるだろうけど・・・ハハハ

なおさんはなんとなくわかってくれたみたい。
それだけで嬉しい。

休憩から目的地は近かった。
東海道の町並みも残りキレイな公園もあった。
人がゴミゴミしてなくていい雰囲気。
落ち着く。
昨日の夕食が重かったので朝から何も食べてない。
さすがにおなかが空いてきた。
お弁当を買ってなおさんの単車と私のバイクの横で食べた。
う~ん、美味しかった!


帰りも長島渋滞もなくスイスイだった。
1時間ちょっとで着いちゃった。
リンダもご機嫌♪
お疲れでした。
[PR]
by kan_ten | 2006-05-04 23:21 | 思うこと

優先順位と思いやり

朝FAXが1枚も無く、つまり仕事が無い状態。
のんびりした1日を過ごせるはずなのに胸騒ぎがしてた。
朝礼が終わり、することが無いのでコーヒーを作りに席を立った。
ほんの5分。
帰ってきたらパソコンの伝言が点滅してた。
しかも2件も伝言があった。
伝言の主に電話した。
「輸送事故で3台中1台の荷物が届かなかったです」
「え?」
「どの荷物が載っていたのかわからないので先方に確認とって下さい」
「は?」

40tの荷物。13パレットに被害があったらしい。
お客様に急いで連絡すると3パレット分しか確認できない。
10パレット分はどうなった???
輸送担当に状況説明を詰め寄ってもハッキリと返事がこない。
「大事な商品が載ってるの! 代品は作るのに1ヵ月かかるの!」
「でも荷崩れ起こしてるから・・・」
「無事な数量がわからないと対応できないでしょ!」

工場見学をしてから、作業してる人の苦労が頭に浮かぶ。
納期に追われギリギリの調整をしているのに。。
在庫を掻き集め緊急でトラックに詰め込む手配をしてくれた。
全然足りないけど、頑張ってくれた人達の行動が想像できる。
何も出来ない自分が悔しい。

事故したトラックは明日にならないと状況がわからないって・・・
人を集めて検品するらしい。
お願い。。不足にならないように。。破損してないように。。


昼休憩に少し冷静になれた。
ふと、ドライバーは無事だったの?他に被害者はいない?と思った。
さっきまで荷物のことばかり考えてたけど。

仕事中とはいえ、自分の優しさが足りない気がした。
事故があったなら荷物より人への心配をしなければおかしい。
先方に謝罪をしたり手配をしたり、自分なりの最善を尽くすべき。
思いやりの心がなかった。

自分のことしか考えてない証拠。

今日出来ることはもうない。
定時で終わり帰ってきた。




スッキリしない気持ち。
日没後のまだ少し明るい中をリンダで走った。
グチは言いたくない。
幸せが逃げる気がするから。
でも今日はムリ。。疲れた。
リンダ、このままどっか逃げちゃおうか。。

冷たい空気が全身を包む。
指先が凍える。太ももも感覚がなくなってきた。


寒さに負けて逃亡終了。
さ、明日もやらなくちゃね。
[PR]
by kan_ten | 2006-02-08 19:45 | 思うこと
どうしちゃったんでしょ。眠れないkantenです。
こうなるとトコトン眠気がやってきません。
いろんな余計なコト考えちゃうし。。イヤですわ。


日曜日は雨の中お茶会してきました。
いろんなバイクの話ができてよかったです。ほんとはリンダで行きたかった。
そこで、危険な運転の話になったのです。
私、なぜかゴールド免許もらっています(自分が一番不思議だけど・・・)
でもね、若い頃はほんと無茶してました。

大学生の頃、納車1ヶ月の新車を出会い頭の事故。吹っ飛びました。
軽トラと自販機と石垣に衝突し天井以外ボッコボコです。
運転席のドアが閉まらなくなり、片手で引っ張ったまま30kmほど走りました。
泣きながらディーラーに到着すると、担当の営業さんが真っ青な顔してました。
「天井も凹んでたら保険で新車だったけどね・・・」
あとから言われても遅いって(笑)
2ヶ月修理にかかり、戻ってきたら一週間後に後ろから追突されて。。
もうね、笑っちゃうしかなかったです。
しっかり直してもらいましたけど。



とにかく家にいるのがイヤだった頃で、遊び仲間もいっぱいいたの。
ほとんど毎晩のように飲酒運転してたような(時効よね?)
誰かを乗せてる時は安全運転なのに、ひとりの時は荒いって言われてた。
「どうして10分でここまでこれる?」って怒られてたし。
あの頃はなんにも怖いものがなかった。
ある日、いつもの慣れた道を走ってるとフラフラ運転する車がいた。
居眠り?って昼間だけど思ったもん。
片側1車線の追い越し禁止の場所だけど、見通しいいし当然のように追い越した。
3kmほど走って信号で停止したらね、さっきのが追いかけてきてたの!
私の前に横向きに割り込んで道を塞いじゃった。
運転手のおっちゃんが降りてきて私を怒鳴りつけてきた。
タイヤの下に自分から足を入れて「事故だ!」とか騒いでる。
大通りだったのね、そこ。
友人が見つけてひとり降りてきちゃった。
覚悟を決めた私も車を降りたの。おっちゃんがつかみかかってきた。
でも、その友人(女)も気が強かったのよねー。
「女に手をあげて恥ずかしくないの!」って。
おっちゃんはすぐに手を放した。
「俺の車には妊婦が乗ってるんじゃ、土下座しろ!」
なのに、友人はおっちゃんに「だったら危険な運転するんじゃないよ!」って怒鳴ってる。

私ね、悪いと思ったら謝るの。
助手席に行ってドアを開けて「すみませんでした」って土下座しました。

それで収まってくれると思ったの。(おっちゃんには謝ってない・・・)
でも、悪いことにもうひとりの友人が男友達を連れてきちゃって。
追い返そうとしたけど遅かった・・・
「大通りでこんなことしてたら邪魔なので場所を変えましょう」って言ってる。
「警察行こうじゃないか!」とおっちゃんがおどしてる。

私ね、ほんと警察が怖いって思ってなかったの。この頃。

「いいけどおっちゃんも行けるの?」
だって、車の中には飲みかけのビールあったんだもん。
妊婦さん飲まないでしょ? 以外に冷静だった私。
この一言でおっちゃんおとなしくなりました。。と言いたいけど逆ギレして・・・
男友達は暴れそうな私を車に押し込み、友人に連れ去られました。

その後どうなったか聞くと、見た目かなりコワい友達が登場して終わったって。
「お前があんな所で土下座してるから、面白そうで戻ってきただけだ」
ま、助かったから感謝しなきゃだけどね。
誠実そうな友達、顔がコワい友達。お世話になりました。ほんと。
携帯も無かった時代なのに、よく駆けつけてくれました。
その日の行きつけだった飲み屋はこの話題で盛り上がって・・・
「いい加減にしろ!」ってみんなに怒られました。



なんでこんなこと思い出しちゃったんだろ。
今ではこの時の仲間とも縁が切れてしまった。
みんなどうしてるのかな?元気かな?

今ではこんな危ないことしないようになりましたよ!
大人になったでしょ♪
だって大事な相棒がいるんだもん。
[PR]
by kan_ten | 2005-11-07 02:19 | 思うこと

秋の香り

通勤のためにバイクに乗る生活がやっと普通になってきた。
午後からの『雨』も気にならない。
ちょっとだけ機嫌の悪そうなリンダ、イヤな予感。。今日はなにかあるぞ。

いつもより少しだけ早く家を出た。
ほんの5分。
でもね、景色が違う。
見たこともない車が多いことに気付く。なんとなく新鮮。

んんん?この香りは?

姿は見えないけどキンモクセイを感じた。
頭の中にback-gardenさんの昨日の記事が浮かんできた。
そんな朝だった。


朝礼中、イヤな予感が現実になった。
電話に呼び出され、自分が起こしたミスが発覚!
大きな損害を出してしまった。

今の仕事に就いたのは半年ほど前。
訳もわからず10日で引継ぎして、最初は小さな間違いが多かった。
「ゆっくりでいいから間違えないでくれ!」
おじちゃんに怒鳴られ凹んだこともあった。。
そのおかげか大きな自分のミスは無かった。

そのおじちゃんが、
「今回のことはすまないと思ってる・・・」
すごくやさしい言い方で、私を責めるどころか助けてくれた。
おじちゃんがチェックしなかったのも、私を認めてくれるようになってたから?
「全部こっちでやっとくから」
気が抜けた。私のミスなのに怒ってくれない。。

こんな事態が起こってても、次々と仕事がやってくる。
時間に追われた仕事。考え落ち込んでいる暇はなんて無い。


今朝のキンモクセイ、こんな私をなぐさめてくれた。
余裕を持たなければ。
発覚したミスは、余裕なく忙しくしてた時のミスだった。
コーヒーが飲みたい所だけど、最近どうも体が拒否するのでコーラで一服。
炭酸のシュワシュワがノドに気持ちよかった。


でもね、これで体が冷えちゃったの。
まだ半袖でいたんだけど上着を羽織った。
まず、隣の席の子
「どうしたの?寒いの?」
「う、うんちょっとね」
すれ違うみんなが心配してく。
「大丈夫?」
「え?うん」
なんで?????
いきなり私のおでこに手を当ててきたおばちゃん
「熱あるんじゃない?」
「ねぇ~なんでそう思うの?」

あははははーーーーーっ

おばちゃんに大笑いされた。
「冬でも半袖でいるようなキャラじゃん」
「そんなことないよぉ~寒がりだもん」
「雨の中でもバイク乗ってるのに何言ってるのー」

だって(^^;

まぁね、今日も濡れて帰ってきたよ。



自然を感じて、季節を感じて。

バイク乗ってる時は時間も忘れてる。
とっても幸せなことだと思う。

明日から連休だね。



元気な自分を取り戻そう♪
[PR]
by kan_ten | 2005-10-07 19:26 | 思うこと
連休最終日、気合で風邪を治してバイク乗る準備してた。
「あんた今日は付き合ってよ」
残酷な母の言葉。。。。

こんなきれいな青空なのに、なんで車なんだろ。
なんだか気持ちが沈んでいく。
そして、今日はやたらとバイクとすれ違う。
さっさと用事を済ませて家に帰らなきゃ。
リンダに乗るんだもん!

知多半島の海沿いも、やっと秋らしくなってきた。
窓を開けてバイクの音を聴いていた。
母の話など耳に入ってこないし(笑)
信号待ちの対向車線にはハーレー乗りのみなさんだった。
きっと無意識に私はジーっと見つめてたんだと思う。
母が急に大声を出した。
「あーーーーっ!男の子がこっちに手をあげてたよ」
私は全然気付かなかったのに(^^;
その後もカッコいいねーって言い続けてる母。
「母ちゃんはバイク嫌いなんでしょ?」
「危ないからね」
「事故でも目撃したことあるの?」
「・・・・・・」
しばらく無言の母。
何かあったのだろうか?聞いちゃいけなかった???

「お母さんね、20歳ぐらいの頃にバイクから落ちたの」


母の若い頃、同級生の男の子達はみんなバイク乗ってたって。
車には手が出なかったから交通手段はバイク。
田舎だから電車もバスもなかったしね。
きれいに舗装されてない道路を、邪魔な自転車を蹴飛ばしながらって。
今は気の優しいおじさんも、昔はやんちゃだったんだね。
うしろに乗っけてもらってた母は、気が緩んでたのか落ちたらしい。
どれほどの怪我だったのかは教えてくれない(笑)
今でも同窓会のたびに、その話になるって。
「後遺症はない? ほんとに大丈夫なの?」
そりゃ乗せてた方も忘れることなんてできないよね。

バイク=危険

そう思う母の気持ちがわかったよ。
でも、なんで落ちるかなぁ~



帰りを急ぐ私に気付かない母。
「あのお寺に寄ってって」
気乗りしないけど・・・

いつもは神社やお寺の空気が大好きなのに、今日は違った。
なんかおかしい。。
「もう帰ろう」
「どうしたの?」
「なんかヘン」
私の顔色も悪かったって。
車に乗ったら肩が重い。
「誰か連れてきちゃったかもしれない」
「また? お彼岸だから出てきてたのかな」
「家で塩振ってね」
こんな親子の会話はイヤだ(笑)

どこかへ行っちゃったようで、気配はなくなった。
だけど、体が疲れちゃうのよね。


うしろには気をつけなくちゃ!
[PR]
by kan_ten | 2005-09-25 18:43 | 思うこと

今したいこと

やっと涼しくなってきましたね。
今朝はバイクで走ってると肌寒さを感じたし。
なのに、駐輪場で自転車乗りが「暑苦しい格好だね!」って(笑)
自家発電してる彼女は、まだ真夏の服装でした。

残業して帰る頃にはすでに真っ暗。
かなり日が短くなって、やっぱり肌寒いです。
これからどんどん寒くなるのかと思うと不安がいっぱい。
対策を考えなくちゃ!


でもね、昼間の空を見てるとワクワクしてくるの♪
休みになったら何をしようかな~って。
人混みの中が嫌いな私、万博は行かずに終わりそうです。
リトルワールドは好きだけどね。

そう、あまり混雑してない静かな場所がいい。
きれいな景色や自然の中で、お弁当を広げてのんびりしたいな。
以前は遊んでくれた友達はみんな旦那様のお世話で忙しいし。。。
リンダとふたりじゃさみしいけど、どこか計画しよう。
おにぎりにするか、サンドウィッチがいいか、おかずは・・・
なんか楽しいぞ!

今週末は3連休。
どこまで行こうかなー。
おすすめがあったら教えてください!


【追記】
いつでもお誘い待ってます。
どこか楽しい場所、きれいなトコ、面白いことに連れてってください♪
[PR]
by kan_ten | 2005-09-21 21:46 | 思うこと

リンダが入れない場所で

昨日も暑かったですねー。
ジメジメで車で買い物に行くのも嫌なぐらい。


なので、夜に楽しんできました。
高速を走ってきたの。
リンダが行けない場所だから、私は後ろに乗せてもらったんだけど(笑)

それが大変だった。
あまりくっつくと邪魔かと思ってたら、離れてちゃ危険だって!
胸からおなか太ももまでピッタリ密着。なんかドキドキ♪
手を離したら死んじゃうよね。。。って緊張感。
でも、思った以上に快適。
高速で移動するってこんなにラクなのね~。

パーキングエリアにはバイクがいっぱいいた。
大きくて私には絶対に足が届かないようなのばかり。
なんだかリンダをバイクって思っちゃ間違いのような気がしてきた。

「私もバイク買わなくちゃ」

もうね、ほんとにその気になっちゃってました。
私のために探していてくれたらしく、VTR250が待っているらしい。
すぐにでも決めなくちゃいけない感じまでしちゃう。


すでに深夜。
私は夏バテが続いててダラダラ~ってしてきた。
帰りの高速は眠りそうになったり・・・
リンダを迎えに行ったけど、もうフラフラでここから1時間走るのが怖い。
なので、お疲れの所なのに付き合ってもらい公園で休憩。
いろいろアドバイスもらってる立場なのに「うん、うん。。。。。」と生返事。
コンクリートの上に寝転がってた私、いつの間にかウトウトしてた(^^;
「こんな所でも寝れるなら、テント持ってキャンプだな!」
あらら、これはほめ言葉なんですよね?(笑)

ちょっと寝て眠気は静まったので帰ることに。
リンダで車の少ない1号線を走りながら
「うん、やっぱ自分で運転してるほうがいい!」
ウキウキしてたけど、メーターに目をやり急に不安が襲ってきた。
「しまった! 前の給油から150km以上走ってる」
渋滞もあったし、いつガス欠になってもおかしくない。
こんな時間じゃ誰もつかまらないでしょ。。


「お願いリンダ、お前が一番好きだよ」

信号待ちのたびにタンクをポンッと叩きながら声かけてました。




メーター 1588km
無事に倉庫に到着できた。

みなさん、特に三河のお兄ちゃんありがと!

リンダもお疲れさん。
[PR]
by kan_ten | 2005-07-17 11:16 | 思うこと