ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:バイク選び中( 22 )

空中体験!

なにげにフラッと入った小さなバイク屋さん
「バイク見せてください!」
「スクーターですか?」
「違いますけど・・・」
「原付ですよね?」
「あ、いえ・・・」
「え?免許はあるんですか?」
「ありますけど・・・」
「身長は?」
「145cmです」
「そうですか・・・」
これが普通の反応なんでしょうね。
ビラーゴだけ見せてくれました。
なんとなーくさみしい気持ちになりながら出てきました。

もう疲れたなぁ。。
探すの嫌になっちゃった。

でも、このままやめたら夢は絶対に叶わない!
ルネッサを断りついでに悩みに行こう。
今日も大繁盛の様子。
車もバイクもいっぱいでした。

しばらく待ってたら店長さんの手が開いて寄って来ました。
今の考えを伝え、またいろいろまたがらせてくれました。
セロー スーパーシェルパ トリッカー 
すごいです!
私、空中に浮いています。
まだサイドスタンド立てたままなのに。。。
おじいちゃんのバイクで遊んでた小学生の頃の気分です♪
笑うしかない状況でした。

結局エストレア、ボルディーをすすめられて・・・
それでも隣のバリオスが気になるし。
店長さん、わざわざ広い場所に移動させてまたがらせてくれました。
その隣にあったFTRもまたがりました。

余計に迷ってしまいました。
まだまだ悩みそう。。
このままじゃ春になっちゃうよー。
夏が来ちゃうよー。
[PR]
by kan_ten | 2005-02-13 21:18 | バイク選び中

贅沢な悩み

疲れちゃいました。
「これが欲しい!」と決めちゃえば突っ走る方ですが、決まるまでが長い。
あーだこーだと余計な心配をしたり迷ったり悩んで。。
で、飽きてきてどーでもよくなっちゃうのです。
まさかバイク選びがこんなに・・・

悩んだ挙句、数少ないバイク乗りの知り合いに助けを求めました。
「カワサキなら全部おすすめ! でも、バリオスはカワサキらしくないなー」
こんな答えでした。
まさかここまでカワサキ馬鹿とは(笑)

ここ数日、真夜中に悩んでネットをフラフラしています。
愛用のタブブラウザはタブがいっぱいになっちゃって、どれを見てたかわからなくなったり。
気付けば同じページがいっぱいあったり。。。
すでに頭もパニックです!

「このバイクに乗りたいから免許を取る!」と「バイクに乗るのが夢」
教習所で一緒だったコはもう目的は達成したのだろうか?
乗りたいバイクが決まっているって羨ましい。
同じ『バイクに乗る』っていう目標に見えて大きく違うんですね。
ほんとにほんとに。。。。


なので、頭の中を一度リセットしてみました。
免許を取る頃の雑誌やカタログを読み返しています。
どんなバイクがあるのか、自分の好きなのは?

ちゃんと付箋がしてありました(笑)
ZEPHYR χ,SV400,GSX250FX,FTR,250TR,KSR110

まだ中古車を知らない頃です。
なんともバラバラ、今の状況も仕方ないですねー。
シート高と見た目だけで悩んでた頃の私。

バイク屋さんやいろいろ教えてもらった知識は全て想像でしかない。
私の基礎はまだ全くできていないのです。
そんな所に急に大きな宝物を乗せようとしてしまい、ペチャンコになっちゃいました。
さ、もう一度いっぱい夢を詰め込まないと!


バイクで何をしたいの?

キラキラした海を見ながら走りたい♪



みなさん、どうやってバイクを決めました?
よかったら私のバイク決めちゃってくださいよー!
ほんとにほんとにほんとに優柔不断で困っちゃいます。

あん、惚れっぽい性格が悪いのかしら。。。
[PR]
by kan_ten | 2005-02-09 16:20 | バイク選び中
ネットでフラフラ見てて気になったバンディットを見に行こう!
教習所に行く直前に応援してくれたバイク屋さんだった。
ついでにバリオスとホーネットの新車の見積もりもお願いしようと思って。。

ちょうど雨が止んできて、少し青空が見えてきた。
整備のお兄ちゃんが出てきて声をかけたら、オドオドしてた。
そんなに私が怖いの?って悲しくなるよー。
で、前に話をしたハーレー乗りの女の子が登場。
笑顔がかわいくてドキドキしちゃう。

残念ながらバンディットは売れてしまっていた。
それどころか、30万円以下の250ネイキッドは全て売れてしまったとの事。
でも、とてもキレイなバリオスとちょっと汚れたホーネットがいた。
どちらも40万円弱の価格がついていた。
え?バリオスってこんな値段だった?これって新車じゃないの??

どちらも2003年登録のシルバー
バリオスは1200kmしか走ってないピッカピカ☆
ホーネットはもうすぐ10,000kmになるかなーってぐらい。
両方またがり、前から後から眺め、女の子と1時間。
ついには整備の人まで登場。
どこまで低くできるか討論会が始まった。
どうやっても両足は届かない。
残るはあんこ抜きで・・・など対策を考えた。

迷って迷って迷って・・・
見積もりを作ってもらい帰ってきた。


ん~どうしよう。。
[PR]
by kan_ten | 2005-02-08 18:03 | バイク選び中

ドキドキドキドキ

いいお天気な日曜日。
友達にバイク用品店へ連れてってもらった。
感動感動感動!
使い方のわからないような部品ばかりだけど面白い。
雑貨屋さんみたい♪
バイクが決まったらまた来よう。


友達と別れ、ひとりで近所のバイク屋さんへ行った。
お客さんがいっぱいいて忙しそうな店員さん。
私はゆっくりとバイクを見てた。
前に来た時よりぜんぜんバイクの数が少ない。
結構入れ替わりがあるんだなぁ~と驚いた。

ウロウロしてたら、他のお客さんから少し手を空けて私に声をかけてきた。
真っ黒な髪でリーゼント、ちょろちょろと動き回る落ち着きのないお兄ちゃんって感じ。
「時間は大丈夫ですか?ちょっと待っててくださいね」
言葉遣いは丁寧だった。

整備のお客さんが終わり、私のトコに来た。
ホーネットやバリオスみたいなのがいいなーって話してて、他店の在庫も調べてくれた。
免許を取った話とか、足つきの不安とか、いろいろ聞き出された。
VTRも候補にあると言ったら顔色が変わった。
「VTRの見た目って好き?」
「実物は見たコトなくて」
「ほんとに好きになれなくちゃ乗ってて楽しくないからね」
驚きました。
なぜそんな質問をされたのか、まだわからないままだけど・・・

「だったらイイのがある 今日の下取りで入荷したてのバイク」
「え?」
「外にあるんだけど 見た?」
「見てない」
連れ出してまたがらせてくれた。
「ぜんぜん手を入れてないんだけど、これから磨いて店頭に出すんだよ」
「え! すごくキレイなんだけど・・・」
「保管状態がよかったんだよ」

初めて見るバイクに私はドキドキしてた。

「今はもう作ってない、しかも5年間しか発売しなかったから」
ダメです。
私、こういう言葉に弱いようです。
あまり乗ってる人がいないとか、珍しいとか・・・

しかも、この人すっかり友達言葉になってるし。。
「女性ひとりでバイク屋に入るって怖くなかった?」
「怖かった」
「ほんと気楽に入ってきてくれていいのにね」
見積もりと名刺をもらってさらにビックリ! 店長さんでした(笑)


さぁ、大変。
見積もりをもらったのはいいけど・・・不安がいっぱい。


96年 YAMAHA ルネッサ



さむーい店内で待ってたからか、背中から肩にかけてカチカチ。
すっかり肩凝りで・・・
夜には激しい頭痛と吐き気。
慣れない緊張だったからねー。
[PR]
by kan_ten | 2005-02-07 13:58 | バイク選び中

お見合い

バイクを探してと頼んでいたガソリンスタンドに寄ってきた。
ちゃんとバイク屋の店主と話をしてくれてた。
ホーネットの赤と青があるとのコト。
ちょうどヒマだったらしく、バイク屋に行こうと誘ってくれた。

しかし、バイク屋なのにバイクがなかった。。
自転車メインのようだ。
よく話を聞くと、他の店から取り寄せって。
そのバイク屋さんに見に行けたらと場所を教えてくれた。
で、そのバイクはあるのだろうか?
店主が電話して聞いてくれた。
「え? 売れちゃった??」
残念でした。

私よりガススタの同級生のがガッカリしてた。
ごめんねーって。
いやいや、私はそんなに気にしてないのに。


それより気になったのが、店の奥にはギターが・・・譜面がいっぱい。
パソコンの横のストーブの前の特等席。
ぐるっと見渡してもバイク関係の本はなかった(笑)

パンクした自転車を持ってきた小学生。
不安そうな顔だったけど、帰る時は笑顔だった。
団地の中のまちの自転車屋さんだね。
いろんなバイク屋さんがあるのね。


さて、私のお見合いは失敗。。
ちょっとバイクとは離れてたけど、また発情してきた感じ!
そろそろ本気で探さなくちゃ。
[PR]
by kan_ten | 2005-01-29 18:17 | バイク選び中

雪国から遠征

あまりにもさわやかな青空に誘われて家を飛び出した。
でも風が強い。
真っ白な雲が駆け足で走り抜けていく。
本屋に行くだけじゃもったいない気がしてきてバイク屋に立ち寄った。

自分の中ではだんだんどんなバイクにするか決まってきた。
でも、カタログや雑誌でしか見たことない。
大きな店ならあるかも!と思った。

広く見えた店内は半分が整備工場で2階は売約済み置き場。
展示車両は予想してたよりかなり少ない。
「バイク見せてくださ~い」と声をかけると店員さんがやってきた。
見たところ私と同世代。
今まではみんな若い店員さんで販売意欲に溢れてたのに、この人は違う。
最初にすすめてきたのはスクーターだった。
「せっかくだからバイクらしいのに乗りたいんですけど・・・」
「あ、申し訳ございません。実は昨日ここに来たばかりでバイクの場所もわからないんです」
「転勤ですか?」
「1週間だけ応援なんです」
「え?」
「北海道から来たんですよ」

そんなコト言うから私の疑問が大きくなっていった。
「あの、雪の中バイク屋さんって何をしてるんですか?」
「ちゃんと営業してますよ」
「お客さんて来るんですか?」
「中には契約する人もいますよー乗れないけど」
「そうなんだ」
「春まで保管してますから」
なるほど・・・


なんとなく、この店員さんはバイクを売りたくないんだろうなーと感じた。
自分のお客にはならないんだもんね。
あ、もちろんいい加減な対応してたとかじゃなくてね。

ボルディ、エストレア、ホーネット、バリオスを見ながらいろいろ話をしてくれた。
特にバリオスは新車で今年の新色とのコト。
これがなかなか素敵な色だった。
「これだと乗り出し57万円ぐらいかなぁ~」
「そっかぁ」
「でもね、最初は中古でいいよ」
「どれぐらいであるのかな?」
「250ccなら30万円ぐらいまででいいのあるから」

次にZZRを見せてくれた。
「これも250ccなんだよ」
「いやー大きく見える」
「前からの顔がカッコいいでしょ」
「うん、でも倒れたら傷が目立ちそう」
「傷で済めばいいけど割れちゃうよ」
その隣にはカタナがいた。
「これはねー・・・」

ほんと1台1台わかりやすく説明してくれる。
見てるだけで楽しくなる。

「アメリカンもカッコいいですねー」
店の中で一番いい場所にピカピカに磨かれ展示されてるアメリカンなコーナーだった。
「ん~でも最初に乗っちゃダメ」
「え?」
「ニーグリップが甘くても乗れるからうまくならないよ」
「そうなんだ・・・」
さっきはスクーターをすすめたくせに(笑)

「こっちはいいねー冬でもバイクに乗れて」
「えーでも寒い」
「防寒装備をしっかりすれば大丈夫!」
ジャケットやらグローブ、首周りをあったかくする装備など教えてくれた。
きっと北海道に比べたらここは寒くないんだろうね。


見てみたいバイクはなかったけど、いろいろ聞けてよかった♪
[PR]
by kan_ten | 2005-01-17 20:48 | バイク選び中

他力本願

最近の私の楽しみは地図を見ること。
「バイクに乗ってどこ行こう!」そればかり考えている。
しかし、私の地図・・・10数年前のもの。
ホントに走ったら迷いそう(笑)

でも、とっても楽しい!
自動車免許を取った時もボロボロになるまで使ったなぁ。。
頭の中に詰め込んで、みんなを乗せて旅行した頃が懐かしい。
道に迷いながら、目的地以外の場所で感激することも多かった。
美しい山なみ、キレイな川の流れ、おいしい空気。。
今年はバイクで走るんだもん♪


で、一番必要なバイク。
「自分が欲しいものに乗れ!」とみんな同じアドバイス。
さて、どうしたものか。

正月からあまり乗らなかった車、今年初めての給油をしに行った。
めずらしくヒマそうだった。
「今年もよろしくねー」
「おぉ! まだまだ寒いけど風邪ひかんようにしんとな」
「あ、私しっかり風邪だよ」
「あーぁ」
「そうだ! 今度バイク屋の店長来たら・・・」
「どんなの聞いとけばいい?」
「250で乗りやすくて足つきがよくて・・・」
「色は?」
「なんでもいいよー」
「わかった」

ん~こんなんでいいのか?
こだわるほど知識がなくて、見てもどれもカッコいいと目移りしちゃう優柔不断な自分。
このままではいつまでも決まらない。だろう。。
早くバイクに乗りたくってウズウズしてる。
自分のバイクになったらかわいいのは間違いないんだから!

どんなのを見せてもらえるのかワクワクしてたりする。
お見合い嫌いのくせに、バイクは紹介を待っている(笑)
[PR]
by kan_ten | 2005-01-14 12:20 | バイク選び中

車がすねちゃった

今日は自動車のタイヤ交換をしてもらいました。
同級生のガソリンスタンドへ11時に行くと、マークⅡが代車になりました。
ボディも磨いてくれるって言うし、ついでにオイル交換も依頼して出発!

なんか自分の車より走るー! アクセルが軽い!
嬉しくってそのままドライブでもしちゃおっか♪な気分でした。
まずは喫茶店で予定を立てます。
そうだ! バイク屋さんに行こう。

教習前にヘルメットを購入した店に行きました。
バイクを整備してるおじさんがいます。
「バイク見せてください!」
「え? 見るだけ? ちょっと待ってね」
と言って事務所に入っていきました。
出てきたのは若い女の子。すっごくカワイイです!
「いらっしゃいませ。どんなのが見たいですか?」

彼女も背が小さく、すぐに私の身長を聞かれました。
「145です」
「教習大変でしたよね?」
「バイク倒してばっかりでしたよー」
「大型も欲しいんじゃないですか?」
「え?」
「大丈夫ですからね!」
「ホントに?」
「私もバイクに慣れてから大型取りましたよー」
「えーなに乗ってるの?」
「ハーレーです! そのために教習頑張れたんです」

いろんなバイクを見せてまたがらせてくれて楽しい♪

「もし、このバイクのシートを薄くすると費用はどれくらいなんです?」
今日はこれが一番知りたかったコト。
バイクの種類や価格は見ればわかるけど・・・
「ん~そんなにかからないと思いますよ」
あれ? それじゃ私にはわかんないよ?
たまに店長や整備の人が通るのに聞いてもくれないの?
ってか、なんか店に活気がない。

だんだん自分の元気が下がっていきます。
あぁ・・・

「じゃぁ、また来ますね!」
「これカタログと私の名刺です」
「ありがとう」
「ありがとうございました!」

はい、あいさつをしたのは彼女だけです。
愛想のいい接客をして欲しいわけじゃないけど・・・私は客とみなされてない?


車に戻っても・・・私のコじゃない。。
さみしい。
そのまま家に帰りました。


夕方までボーっとして、6時過ぎに引き取りにいきました。
請求書を見るとタイヤ代だけ?
「いつもごめんねーありがと!」
「お前さぁ バイク乗るの?」
「免許だけ取ったの 乗ってたら目立って噂になってるはずじゃん!」
田舎です・・・女でバイクなんて乗ってたら1日で知れ渡るはず。。
「すごいなぁ~」
「バイク乗ってないの?」
「取ろうと思ったまま今まで来ちゃったよ」
ほんと残念そうです。
しかも、私が免許取ったと知ってショックを受けてるみたい。
彼は優等生な私しか知らないから(笑)
「ねー! お客様でバイク屋さんいない?」
「あ! いる」
「またいろんなコト聞いといて」
「おう」

さ、やっと私の車にご対面です。
いやーん、こんなにキレイになっちゃって!
タイヤも新品で嬉しくなっちゃいます。

あ、あれ?
なんか電気が暗いような・・・

すねちゃったのかな。。。
やっぱりお前が一番乗りやすいよ♪
[PR]
by kan_ten | 2004-12-14 20:48 | バイク選び中

ワクワク♪


早起きして友達の犬の散歩に合流するつもりが・・・起きられなかった。
もういいやーって二度寝。。
夜には忘年会だけど、時間あるしなぁ~
天気もいいしバイク屋さんに行ってみよーっと。

土曜日だからかお客様もいるし、整備も忙しそう。
「いらっしゃいませ! ゆっくり覗いててくださいねー」と申し訳なさそうに言われた。
ゆっくりと自分のペースでみれてちょうどイイ♪

あーこれが先輩のバイクね!
ほぉ~これかわいい。
2周ほどグルグルしてから気になるバイクの前で眺めていた。
「これカッコいいですよねー」
さっきのお兄ちゃんが寄ってきた。
「うん、マフラーもカッコいいし」
「これは特別仕様なんですよ」

近くにいた50代ぐらいのおじさんが話しかけてきた。
「僕も先月バイクの免許取ってここでいろいろ教えてもらってるんだよ」
「えー早く自分のバイク欲しいですよね!」
そして、おじさんの気になるバイクを店員さんが動かしてくれた。
おじさんはすっごく楽しそうにまたがっていた。

そのうちおじさんは帰ってしまい、私は店員さんが奥に連れてってくれた。
「いろんなバイクあるから、どんなのがいいか探しましょう!」
古いカタログや雑誌まで引っ張り出して説明してくれた。
気付けば1時間半も経っていた。

「またわからない事あったら聞きに来ますね!」
「いつでも覗いてください」


あー楽しかった♪
[PR]
by kan_ten | 2004-12-11 17:14 | バイク選び中

ついに侵入

どうしても踏み込めなかった地帯に立ち入ることができました。
今まで気になっていても自分とは違う空気が流れていたのです。

いつも行く本屋さん、待ち合わせに使っている場所です。
カフェもあって、たまにピアノの生演奏があったり(あ、最近はないなぁ)居心地がいいんです。
この時期は大きなクリスマスツリーも飾ってあって、時間を忘れてしまうぐらい。
文庫本や新書、専門書の並ぶ所はとってもゆったりスペースです。
ベンチまで置いてあったりでゆっくりできます。

しかし、雑誌のコーナーは狭い感じが・・・
常に人が溢れています。
そう、私の気になるバイクのコーナーには大きな男の人がいっぱいです。
隣は車、つり、手前にはあやしいオタクな雑誌が並んでいます。
もう男だらけ・・・
押しのけて入ることもできません。

男性なら女性下着売場にひとりで入ることを想像してみてください。
ドキドキでしょ? 何度も近付いては離れてみたり、怪しい動きになっちゃうでしょ?
無理なまま後にしてきました。


そして今日、近所の本屋さんです。
数名の男性がいるものの、怪しい雰囲気はありません。
全然平気でした。
数冊をペラペラっと手にとってみて(それだけで頭の中には残ってませんが・・・)
あらためてバイクってカッコいいなぁ~って思って大満足です♪

で、私は何をしに行ったの?って感じで帰ってきてしまいました(笑)
[PR]
by kan_ten | 2004-12-05 14:27 | バイク選び中