ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

バイクの恐怖

道路は車のためだけのものなのか?
そう思わせるコラムを読みました。
日経マネーオリジナルコラムです。

そして疑問です。

他人のバイクを次々倒してる女性について・・・
バイクを倒すのにも相当な力が必要だと思うのですが、見てみぬふりですか?
しかも自宅の近く、目撃したら警察を呼びませんか?
犠牲者が増え、この女性は罪を重ねていく。。
大怪我してる人を無視して立ち去るのと変わらないのでは?

渋滞中のすり抜け・・・
確かにバイクの恐怖を感じる時です。
私もやめて欲しいと思っています。
しかし、後方確認ばかりして前方まで注意できないようでは。。
自動車だって急に割り込みしたり、ウインカーなしで曲がって行ったりします。
飛び出した子供がいて急ブレーキをしたら?
追突してきた後の自動車が悪いのですよね?
前が見れないようなら運転しちゃいけないと思うのですが。

バイクとの事故・・・
なぜ信号で停まったのに助手席のドアを開けたのか?
ミラーは運転手に合わせてあるはずでしょ?
助手席の人がミラーで確認って満足にできるのだろうか?
(あまり助手席に乗らないのでわからないんですが・・・)
で、せっかく身内が事故に遭遇したのだから結果まで書いて欲しかった。
バイクの人はどれほどの怪我だったのか心配。。


で、このオリジナルコラムは「何でもあり」だそうです。
どうやら私が読む前はもっとバイクを貶していたらしい。
訂正がどのようにされたのか不明だが、それなら記事を削除して謝罪のが・・・
とても楽しめる内容でないのが不思議。


私の感想は「この記事を書いた方はかわいそうな人だ」でした。
自分の犯している罪がわかっていないとしか思えません。
私はこのような人が車を運転することの方が恐怖に感じるのですが・・・


もっと安心してバイクに乗れる環境にすることが、自動車にとってもいい結果になると思うのに。。
道路は自動車だけのものではないはずでしょ?
トラックの目線、自動車からの目線、バイクの目線、自転車・歩行者の目線・・・考えてみようよ。
思いやりの心があれば、譲り合う気持ちがあれば、ゆとりを持って運転したい。



んーコラムにトラックバックしたいんだけどな・・・
[PR]
by kan_ten | 2005-01-31 15:33 | 思うこと

お見合い

バイクを探してと頼んでいたガソリンスタンドに寄ってきた。
ちゃんとバイク屋の店主と話をしてくれてた。
ホーネットの赤と青があるとのコト。
ちょうどヒマだったらしく、バイク屋に行こうと誘ってくれた。

しかし、バイク屋なのにバイクがなかった。。
自転車メインのようだ。
よく話を聞くと、他の店から取り寄せって。
そのバイク屋さんに見に行けたらと場所を教えてくれた。
で、そのバイクはあるのだろうか?
店主が電話して聞いてくれた。
「え? 売れちゃった??」
残念でした。

私よりガススタの同級生のがガッカリしてた。
ごめんねーって。
いやいや、私はそんなに気にしてないのに。


それより気になったのが、店の奥にはギターが・・・譜面がいっぱい。
パソコンの横のストーブの前の特等席。
ぐるっと見渡してもバイク関係の本はなかった(笑)

パンクした自転車を持ってきた小学生。
不安そうな顔だったけど、帰る時は笑顔だった。
団地の中のまちの自転車屋さんだね。
いろんなバイク屋さんがあるのね。


さて、私のお見合いは失敗。。
ちょっとバイクとは離れてたけど、また発情してきた感じ!
そろそろ本気で探さなくちゃ。
[PR]
by kan_ten | 2005-01-29 18:17 | バイク選び中

雪国から遠征

あまりにもさわやかな青空に誘われて家を飛び出した。
でも風が強い。
真っ白な雲が駆け足で走り抜けていく。
本屋に行くだけじゃもったいない気がしてきてバイク屋に立ち寄った。

自分の中ではだんだんどんなバイクにするか決まってきた。
でも、カタログや雑誌でしか見たことない。
大きな店ならあるかも!と思った。

広く見えた店内は半分が整備工場で2階は売約済み置き場。
展示車両は予想してたよりかなり少ない。
「バイク見せてくださ~い」と声をかけると店員さんがやってきた。
見たところ私と同世代。
今まではみんな若い店員さんで販売意欲に溢れてたのに、この人は違う。
最初にすすめてきたのはスクーターだった。
「せっかくだからバイクらしいのに乗りたいんですけど・・・」
「あ、申し訳ございません。実は昨日ここに来たばかりでバイクの場所もわからないんです」
「転勤ですか?」
「1週間だけ応援なんです」
「え?」
「北海道から来たんですよ」

そんなコト言うから私の疑問が大きくなっていった。
「あの、雪の中バイク屋さんって何をしてるんですか?」
「ちゃんと営業してますよ」
「お客さんて来るんですか?」
「中には契約する人もいますよー乗れないけど」
「そうなんだ」
「春まで保管してますから」
なるほど・・・


なんとなく、この店員さんはバイクを売りたくないんだろうなーと感じた。
自分のお客にはならないんだもんね。
あ、もちろんいい加減な対応してたとかじゃなくてね。

ボルディ、エストレア、ホーネット、バリオスを見ながらいろいろ話をしてくれた。
特にバリオスは新車で今年の新色とのコト。
これがなかなか素敵な色だった。
「これだと乗り出し57万円ぐらいかなぁ~」
「そっかぁ」
「でもね、最初は中古でいいよ」
「どれぐらいであるのかな?」
「250ccなら30万円ぐらいまででいいのあるから」

次にZZRを見せてくれた。
「これも250ccなんだよ」
「いやー大きく見える」
「前からの顔がカッコいいでしょ」
「うん、でも倒れたら傷が目立ちそう」
「傷で済めばいいけど割れちゃうよ」
その隣にはカタナがいた。
「これはねー・・・」

ほんと1台1台わかりやすく説明してくれる。
見てるだけで楽しくなる。

「アメリカンもカッコいいですねー」
店の中で一番いい場所にピカピカに磨かれ展示されてるアメリカンなコーナーだった。
「ん~でも最初に乗っちゃダメ」
「え?」
「ニーグリップが甘くても乗れるからうまくならないよ」
「そうなんだ・・・」
さっきはスクーターをすすめたくせに(笑)

「こっちはいいねー冬でもバイクに乗れて」
「えーでも寒い」
「防寒装備をしっかりすれば大丈夫!」
ジャケットやらグローブ、首周りをあったかくする装備など教えてくれた。
きっと北海道に比べたらここは寒くないんだろうね。


見てみたいバイクはなかったけど、いろいろ聞けてよかった♪
[PR]
by kan_ten | 2005-01-17 20:48 | バイク選び中

他力本願

最近の私の楽しみは地図を見ること。
「バイクに乗ってどこ行こう!」そればかり考えている。
しかし、私の地図・・・10数年前のもの。
ホントに走ったら迷いそう(笑)

でも、とっても楽しい!
自動車免許を取った時もボロボロになるまで使ったなぁ。。
頭の中に詰め込んで、みんなを乗せて旅行した頃が懐かしい。
道に迷いながら、目的地以外の場所で感激することも多かった。
美しい山なみ、キレイな川の流れ、おいしい空気。。
今年はバイクで走るんだもん♪


で、一番必要なバイク。
「自分が欲しいものに乗れ!」とみんな同じアドバイス。
さて、どうしたものか。

正月からあまり乗らなかった車、今年初めての給油をしに行った。
めずらしくヒマそうだった。
「今年もよろしくねー」
「おぉ! まだまだ寒いけど風邪ひかんようにしんとな」
「あ、私しっかり風邪だよ」
「あーぁ」
「そうだ! 今度バイク屋の店長来たら・・・」
「どんなの聞いとけばいい?」
「250で乗りやすくて足つきがよくて・・・」
「色は?」
「なんでもいいよー」
「わかった」

ん~こんなんでいいのか?
こだわるほど知識がなくて、見てもどれもカッコいいと目移りしちゃう優柔不断な自分。
このままではいつまでも決まらない。だろう。。
早くバイクに乗りたくってウズウズしてる。
自分のバイクになったらかわいいのは間違いないんだから!

どんなのを見せてもらえるのかワクワクしてたりする。
お見合い嫌いのくせに、バイクは紹介を待っている(笑)
[PR]
by kan_ten | 2005-01-14 12:20 | バイク選び中

バイクとのきっかけ

先日の新年会で一緒だった女5人のうち私を含め3人免許を持っていた。
すっごく驚いた。
「えーうそっ! どうしてー」
自分のコトを棚に上げて聞いてしまった。
「あ。。。まぁ。。」

「旦那の影響・・・仲悪くなってから乗らなくなったけど」
まぁ、離婚間近なので仕方ないよね。
もうひとりは
「前彼のバイクの後に乗ってるうちに自分でも・・・」
あらら。

彼女は教習所に通い免許取れたら別れてしまったと・・・
「あぁ・・・んじゃ一緒には?」
「走ってない」
「バイクは?」
「買って彼の友達と少し遊んだけどだんだんとねー」
これ以上の詮索はやめた方が良さそうだった。

なんだ! みんな男がからんでるんじゃん

「で? あんたは?」
「え。。なんとなく」
「はぁ?」
「無職でヒマだったし、まだ体が動くうちにって思って・・・」
「あんたらしいよ」
まぁね、失業中に医療事務の資格を取って生かしてるコには怒られた(笑)


私がバイクの話をみんなに聞いているうちに彼女達もワクワクしてきたみたい。
「バイク買ったら見せてねー」
「何を言ってるの! 一緒に乗ろうよ」
「だって私ノロイもん」
「あー私よりも先輩のクセに何を言ってるんですかー」
「だって、バリオスで原付に抜かされてたんだよ」
「私と一緒に練習しよ~よ」

一度降りてしまうとなかなか思いきれないみたい。
まずは私が楽しんで巻き込まなくちゃ!

なんとなく、自分がみんなの心をザワザワさせたと思う。
いい意味で台風の目になれたらいいな♪
元気のない中年じゃ老けちゃうでしょ?
[PR]
by kan_ten | 2005-01-11 15:51 | 思うこと

仲間発見!

毎年恒例になっている中学の時の水泳部の新年会が昨日でした。
風邪でダウンしてたんだけど、朝からの発熱を気合いで下げて出席。
突然の参加にも嫌がらず迎えに来てくれた友達に感謝!

総勢20名ぐらいの宴会。
もちろん乾杯はビールなんだけど寒くて仕方ない。
私は隅っこでじっとしてたら「はい! ビールついでまわるよ」と引っ張られた。
同級生ならなんとか誰かわかるけど、先輩になるとわからない。。
最初に慣れた先輩の横に行った。
たまに私にメールをくれる人で、バイクの免許を取ったのを知っている。
「おぉ! お前と走りに行かないとな~」
「その前にバイク買わなくちゃ」
「そうだ、あいつもこいつもバイクに乗るんだぞ」
・・・名前がわかんないけど? 話しかけに行かなくちゃダメかな。。
でも、人見知りの私にはムリでした。

自分の席に戻り料理を食べてたら幹事がやってきた。
「お前ぜんぜん飲みが足りんじゃん!」
「ちょっと体調不良で、倒れると迷惑かけちゃうからさ」
「は! 毎回お前がぶっ倒れるのは覚悟してるって」
ん。。なんとやさしいんだろう。
「あのさーバイク欲しいんだけど」
「なんで? 乗れるの?」
「うん、免許を取った」
「俺じゃわからんけど・・・やっぱWだろ」
と、すぐに呼んでくれた。

「お前バイク乗れるのかー」
「うん 頑張ったよ」
「バイクは買った?」
「まだ、どんなのがいいんだろ」
「乗りたいのある?」
「そうだ! 白バイ乗せてくれ」
「お前なぁ~もう配属が白バイじゃないもん」
「うそ~今は何やってるの?」
「取り締まり」
「バイクは乗ってないの?」
「乗ってるぞ、だんだん仲間がいなくなって今じゃひとり お前、早くバイク買えよ」
すっごく嬉しそう。
娘もパパの後ろに乗りたがらなくなってホントにさみしかったらしい。

すぐに他の先輩につかまった私。。説教とイジメに耐えながら梅酒を飲んでいた。
あまりにもクドイ内容に疲れてきてトイレに行くフリをして席を離れた。
すると、バイクな人が集まって話をしてた。
私も呼び止められてバイクのコトをいろいろ話してくれた。
春にはどこに行くか、夏には・・・
バイクから降りてた人もワクワクしてて「俺もバイク欲しいなぁ」って言ってるし。
あの・・・私まだバイクないし、超初心者って忘れてません?
どこまで連れてかれるんですか?


酔っ払いの言葉はどこまで信じていいのか?だけど、楽しい仲間がいてよかった!




あ、今年の挨拶がまだだった・・・
遅くなりましたが、今年こそバイクに乗りますよ!
みなさんお世話して遊んでくださいねー。
よろしくお願いします。
[PR]
by kan_ten | 2005-01-10 16:04 | 出会い