ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今週の報告

ダーリンは昼間の私の行動を聞いてくるようになった
プーで暇で腐ってるのを心配してるのだと思うんだけどね…

「今週は何してた?」
「別にいつも通りだよ~ダーリンは?」

もちろんバイク活動の事は言えないまま。。

「さっきお前バイクの雑誌見てたよな」
「ん? どんなのがいいかな~って思って。 何がいいかな?」
「免許もないくせに考えても仕方ないだろ」
「夢ぐらい見たっていいでしょ?」
「まだそんなコト言ってるのか! いい加減諦めろ」
あ~だから待ち合わせの本屋さんから機嫌が悪かったんだね


台風で嵐の中、私は帰りたくなった
「帰るよ。。」
「こんな中じゃ車が飛んでくからダメ!」
「だって怒るじゃん」
「車の仲間を紹介してやるからバイクはやめとけ」
「ヤダよ。ボンネットの黒い集団でしょ?」

コーヒーを飲みながらこんな会話が続いて疲れてきた

「お前も知ってるあいつもあいつも…もうバイク降りちゃってるし」
「そうなんだ」
「誰か詳しいツレがいないと…お前は無茶しそうだからな」


あ、私の膝のこと…

私は子供の頃かけっこできなかった
赤ちゃんの時に1年経っても立てなくて両親はかなり心配したらしい
極度のエックス脚だとわかった

保育園に入っても散歩できず、保母さんにおんぶされてた
遠足は目的地まで車に乗せられた
寒くなると膝が痛み常に包帯してた記憶がある
病院では検査だけだから接骨院に通った
評判を聞いては整体や針灸まで試した
小学生になっても変わらず。。
「走ると膝が壊れるから」と軽く運動制限された

成長期の痛みは激しかった
夜中に飛び起きて痛さを訴えたこともある
「手術して骨を削って…真っ直ぐにすると負荷が減って走れるようになるかも」
5年生の時に母は涙を浮かべながら私に聞いてきた
「手術すると普通に走れるようになるだけなんでしょ?」
「みんなと一緒に走れるんだよ」
「別に今だって走ってるじゃない。。速くは無理だけど」
「長く学校休むのヤダ」

大人になれば走る競争なんてないし
適度に運動するのは可能なんだからそれでいい
今は辛いけどいつか車が私の足になる
そしたら私も速く走れるんだもん

思えば私の人生最初の決断だった

今では疲れる前に限界がわかるから気をつけるし
大きな負荷がかかるような運動もしていない
ここ数年、爆弾は影を潜めている



「こけた時に膝を痛めたらどうするんだ!」
「そんなコト言ってたらどこにも出掛けられないよ」
「でもなぁ」
「わかってる、ハンデが大きすぎるんでしょ?」
「だったら…」
「だから面白いんじゃない!」

「親の気持ちも考えてやれよ。。。」



ほんとゴメンナサイ…もう入校の手続きしちゃったこと言えなかった
[PR]
# by kan_ten | 2004-09-30 10:00 | 夢 (免許取得まで)

見るだけで興奮

初めての経験
たまに通る道なのに気付かなかったバイク屋さん
入るのにすごく緊張したけれど…

整備をしてた人が出てきて声をかけてくれた
「あ。。あの。。。ヘルメットが欲しいんですけど…」
「はい。こっちですね」

これから免許を取ること、全く知識がないこと…丁寧に説明してくれた
「ごめんね、品揃え悪くて…」
黒いヘルメットが気になったけど、大きすぎて。。
取り寄せると私の教習が始まってしまう
結局ワイン色に決めた
決まってしまうと急にかわいく感じる

会計のため事務所に行くとオネエさんがいた
嬉しそうに話しかけてくれた
「どんなバイクに乗りたいの?」
「まだ何にもわからないんですよ…」
「じゃ、いろいろ見に行こう!」
たくさん並んだバイクから好きなの言ってみてとのコト
でも、どれを見てもカッコいい
女の子が好きそうなの…とドラッグスターにまたがらせてくれた
教習車より足が届いてご機嫌♪
「2階はまだ行ってなかった?」
「え!2階もあるんですか?」
「じゃあ行こう!」

もうホントにどれを見てもカッコいい
ワクワクしてあれもこれもと近寄っていくと説明してくれる
「このブルーすごくキレイ!」
「あーあっちの赤もいい!」
「ん~でも黒もいい」
「いやん、この白いのも素敵」
あれだけいろいろ見てきたのに名前はひとつも…忘れてしまっていた

オネエさんは3年前に大型を取ったらしい
私より少しだけ上に見えたけど…実は40代後半って教えてくれた
かなり若く見える。。
お互いに自己紹介までして…住所を言うと
「あ! この店の若いコもその近所に走りに行ってるよ!」
「うん、あそこすごく近所。昨日も夜にバイクの音がしてて気になったの」
「じゃぁやっぱり。。あのカーブを走りたいんだね?」
「…うまくなったら。。。」
「了解! スカイラインのツーリングに参加決定!」
「まだこれから免許なのにぃ~」
「大丈夫! 教習中、私は救急車で運ばれたから! ちゃんと病院に連れてってくれる」
「そんなぁ~バイク壊れるぐらいで許して欲しいよぉ」
「教習車の修理ここの支店がやってるから、いくらでも壊していいよ」
「はーい! うまくコケる練習します!」

「いい趣味ができたね~」
心に響くひと言をくれた

なぜこの店の近所にある自動車学校にしなかったのか、理由を3人に聞かれた
「えーそんなこと言われたの? 大丈夫なのにねー」
みんな同じこと返してくれた
とくに3人目の男の子が親身になってくれる
「足が届かないのは危険なんだって」
「誰だって危険なのに…ここだけの話だけど、厳しいからよかったかも」
「え?」
「これから通うトコの指導のが熱心だから!」
「頑張ります!」
彼の身長も低かった。。心配してくれたんだね

気付けば1時間半
ワクワクしっぱなしだった
最初の、足がすくむような緊張感がなくなっていた


楽しい! バイクって夢見てるだけでもすっごく楽しい♪
[PR]
# by kan_ten | 2004-09-28 23:30 | 夢 (免許取得まで)

怖いと思う気持ち

バイクに乗ることを決めてからワクワクして楽しい。
よく走る海辺のドライブコースを思い浮かべて♪

でも、いろんな人の体験談など読んでたら怖くなってきちゃいました。
ホントに私が大丈夫なのだろうか?
私ってかなり甘く考えてない?

ちょっと冷静になってきたということなんでしょう。


自動車免許を取る時はどうだったか…

全く普通でした。
教習も楽しかったし♪
大学生だった私、なぜか休講が多く昼間に通えました。
おばちゃんがチラホラいて必死に頑張ってた。
「もう私にはダメなのかしら…」
泣きそうなおばちゃんの顔。。思い出しちゃった。
あのおばちゃんは卒業できたのだろうか?

それが自分にダブる。。


どんなバイクが欲しいんだろ…

やっぱり海辺を夕日を見ながらのんびり♪
そのつもりなんだけどね!
自宅のほんの近所
たまに散歩する公園があるんだけど、以前はバイクが集まってました。
いくつもカーブが続く坂道で…
車でもタイヤを鳴らしながら走ると楽しいの!
バイクならもっと楽しいんじゃない?
でも、転倒する音とか、ガードレールにぶつかる音とか。。今でも。

これも自分にダブる。。


怖いと思うぐらいが、私にはちょうどいいのかな?
[PR]
# by kan_ten | 2004-09-27 15:00 | 夢 (免許取得まで)

見ちゃった

ダーリンのHP
たまに書く日記には
「知り合いがバイク乗るって言い出した…」
友達も見に来るから『彼女』とは書いてないけど、身長やら年齢やら。。

掲示板にはバイク乗る友達から好意的なコメントが!
それに対して
「体格的にも年齢的にも俺は反対している」

私が見ることも考えてる。。


ダーリンには悪いけど、これは引き下がらないよ
内緒で免許取るけどごめんなさい…
[PR]
# by kan_ten | 2004-09-26 15:00 | 夢 (免許取得まで)

入校お断り

昨日は別の自動車学校に行って来た
こっちのが自宅から近い
しかも日曜日や祝日も教習してるから都合いいし!

受付の女の子
バイクの免許だと伝えると席にも座らせてくれず
「身長はいくつですか? バイク見に行きましょうね」
150cm以下で入校した人がいないらしい
一応小型にまたがらせてくれた

つま先立ちでもいいから両足が届かないと話にならない
つま先だと止まったら絶対に倒れる
中型などこれより大きいのだから無理
もちろん小型も…

背が低いのはバイクに乗ることができない。。


散々だった
ここでイライラしても仕方ないけど…


チビを素直に受け止めよう

でも…免許が欲しいの
[PR]
# by kan_ten | 2004-09-23 03:30 | 夢 (免許取得まで)
実は昨日、自動車学校に行ってきた
受付の女の子が可愛かった
「あの、免許取りたいんですが…」
「自動車ですか?」
「あ、いえ…バイクなんですけど。。この身長でも」
一瞬彼女が固まった
「だ、大丈夫ですよ~」

簡単な説明を聞いた後
「バイクを見に行きましょう!」
二輪の指導員の部屋まで連れて行かれた
生徒も8人ほど集まっていた
予想以上に大きく見えるバイクにちょっと尻込み
すぐにハンドルを握るように言われた
重い。。支えてもらってるのに
「じゃ、またいでみて」
「はい!」
左足つま先立ちでお尻はシートに座れてなくて、右足はかろうじてステップに届く程度
その状態で指導員と受付の女の子が話をし始める
私の思いを伝えてくれているみたい
でも、私は必死でバイクの重みに耐えていた
左のふくらはぎがプルプルしているの。。普段使わない筋肉を感じた
「ちょっと降りて」
やっと地面に降りてホッとする

教習が始まるみたい
生徒全員がバイクに難なくまたがった
みんな両足余裕で膝を曲げて座っている。。これが正しいんだよね
自分との違いに悲しくなった…甘さに気がついた
生徒を走らせて指導員が私を呼んだ
「はい、また持ってごらん。今度は少し押してみよう」
これは大丈夫だった
「じゃぁ倒すから起こしてみようか」
重い!でもなんとかなった
「はい、またシートにまたがってみて」
これが一番ツライのに。。
「大丈夫、乗れるよ。でも小型からにしない?重いでしょ」
と、車庫に連れて行かれた
小型って言っても私には大きかった
結局つま先立ちからは解放されず
「一度どっちにするか考えてみてね」

受付の女の子と仲良くなっていろいろ話を聞けた
最近は女性も多いこと
ただ、途中でこなくなる人もいるらしい
倒れて起こしてを繰り返すうちにイヤになっちゃうって
「でも、バイクの先生は熱血ばかりなんだよ~」
「そうなんだ。すごくやさしくて驚いたもん」
「自動車はみんな常識で取りにくるから、いい加減な生徒さんも多いの」
「そうだね。。みんな必要だもんね」
「バイクは取りたくて来るでしょ?真剣な生徒さんには力入るみたい」
「ちょっと…かなり不安なんだけどね」
「自動車が乗れるんだから大丈夫!」
「え?」
「楽しそうだったし、頑張って下さいね!」
「ありがとう」

楽しかった♪
なんで自動車免許あるのか知ってたんだろ?
緊張してたのに楽しそうに見えたんだ。。


これから私どうなるんでしょ??
[PR]
# by kan_ten | 2004-09-22 10:30 | 夢 (免許取得まで)

反対だったんだ。。

私の夢を昨日ダーリンに話した
「頑張れよ~」
そのまま信じて浮かれてたのに…

「本気なの?思いつきだけじゃないの?」
「あらら…信用ないんだね~」
「だってCADも一週間で飽きただろ?」
「。。。。」

もっと早く気付くべきだった
ひとつのコトしか考えられない私は、自分の主張で盛り上がってた
ダーリンの引き気味の態度を昨日は感じ取れなかった…

「お前、同級生にプロがいるじゃん。そいつに聞いてみろよ」
ちゃんと攻撃されていた。。
[PR]
# by kan_ten | 2004-09-20 20:50 | 夢 (免許取得まで)

やりたいことができたの

バイクに乗りたい!

どうしたらいいのかわかんない。。
でも、いつか叶うように頑張ろう
[PR]
# by kan_ten | 2004-09-19 18:00 | 夢 (免許取得まで)