ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

突発性難聴

6月から吐き気や微熱っぽさがあり疲れやすく体調が悪い

7月初旬に更年期障害を疑い婦人科に行く
血液検査の結果まだ更年期ではないとのこと
女性ホルモンのバランスを整える薬が処方される

心療内科の薬を飲み忘れることが出てきた
気持ちが落ち込むことはあまりなく頭がクリアな気がする
主治医に相談したらうつ病の薬を中断してみることになった

すごくうれしい

8月
吐き気と疲労感が強くなってきた
この頃ジーーーーーと高い音の耳鳴りがたまにあった
眠りを妨げられるようになってきた
階段の下りの距離感がわからないし平衡感覚に違和感あり
下旬には少し動くだけで気分が悪くなり夕方には起きていられない
外出も怖くなり家事に影響がでている

9月に入り家族の予約があったので私も病院に連れて行ってもらった
受付で症状の説明をすると消化器内科と耳鼻科を受けることに

耳鼻科で聴覚検査をした
高音のほうに20dbの左右の差を認められるので 突発性難聴 でしょう
たぶん回復しません

消化器内科の医者には
「うつ病ならなんで薬を飲まないの」
やっと薬を減らし喜んでいたのに

うつ病ってそんなに嫌われるものなのか

胃カメラ検査を受けるつもりだったけど不信感が出てしまい拒否した
せっかく覚悟を決めてきたつもりだったけど嫌なものはイヤ
もうかかりたくないので名前は忘れないでおこう 阪〇


これが土曜日のこと

病院から帰ると難聴への不安が強くなってきた
自宅で突発性難聴を調べると発症後数時間単位で治療開始が望ましいって
先月の耳鳴りは オケラが鳴いてる?ってほどにしか感じていない
耳の聞こえが悪いなんて思っていなかった
あれ? 耳鳴りが大きくなった しかも左だけと気づいたのは木曜日
このままもう治らないのか

土曜日の午後3時過ぎ急に左耳に少しの圧迫された痛みと違和感が起こった
ちょっとした音が耳の奥に響く 頭が痛い
特に二輪のエンジン音がキツイ
もうバイク乗れなくなるのかなと思ったら悲しくなった
うつ病が良くなったら乗ろうと頑張ってきたのに 絶望感が襲ってきた

月曜日 近所の耳鼻科に行った
風邪のときいつもお世話になっているので病気の説明を聞くつもりで
診断はやはり突発性難聴
でも先月の耳鳴りは誰でも起こるものと考え木曜に発症したとしましょう
すぐに治療を始めた

この日は中秋の名月
心療内科で睡眠薬の相談をしてリボトリールだけもらってきた
帰りに家族が阿蘇に連れてってくれた
硫黄の匂いが強く活動が活発なのを実感した
登ってる途中うさぎに遭遇 たぬきも見かけた
展望所で降りるとそこは秋 もう寒いぐらいだった
まんまるの月にいろんな願いを込め見上げた
心がすーっと落ち着いた気がする

ありがとう
[PR]
# by kan_ten | 2014-09-09 11:30 | 身体

減薬の結果

先月は一度も書かなかったですね。
体力作りのためにジムに通い始めたり、消費税アップ前のかけこみしたり。
なかなか調子良く生活をしていました。

そんな元気になって来たところで、うつ病の減薬してみようかと!
3月26日からりフレックス錠15mgを2錠から1錠に。
しかし数日後から明らかにうつ症状が悪化。
年明け茶々が亡くなった時とは違う落ち込みです。
イライラもありました。
もう「しんでしまいたい」「いなくなりたい」ばかり。
家族には「離婚しよう」とまで言いました。
自分には価値がない、迷惑になる、いない方がいい。

たった一週間で薬の量は元に戻すこととなりました。
あまりにひどい落ち込みに頓服が欲しいと相談しました。
そんな一時しのぎでは長引くだけだからそのままにしていなさいって。
もう2年以上つきあってるdoctorだから、私の波の幅もわかってるんだろうな。
最初は若くてヘンな感じもあったけど、今は信頼してると思う。
ほとんど何でも悩みは伝えてるし。

予約制ではないクリニックで、どんどん待ち時間が増えていく。
人気があるからなのか病気の人が増えたのか。
世の中には心の病気の人への差別ってかわってないけどな。
私自身でも気合いが足りないんじゃないの?って自分に思うもの。
でも、今回の減薬で薬の力がよくわかりました。
こんなにも小さな錠剤が生活をラクにしてくれてる。

いつまで続くかわからないけど、ほどほどに付き合っていこう。
[PR]
# by kan_ten | 2014-04-17 15:00 | 身体

猫の日

b0049123_021456.jpg

今日は2月22日でニャンの日です。
そういえば最近ネコ缶あげてないなーってことで、今年初めて缶詰をあげました。
去年末ぐらいまでは、夕飯はいつも缶詰でした。
年明けからバタバタしたからね。ごめんね。
もう忘れてるかな?って思ってたら、カシュってあける音を聞きつけて2ニャンが来た。
すばやくやって来て足にまとわりついて離れない。
ニャーニャーうるさいぐらい。
ひとつを2個の皿に分けてあげたら飛びついてきた。
b0049123_0122611.jpg

あっという間に空になっちゃった。
今まであんまり食べなくて残してた缶詰なのに。
たまにがいいのね。
[PR]
# by kan_ten | 2014-02-22 02:22 | ネコ

次の薬 JE6MRW

b0049123_1327949.jpg

デプロメールで思ったように快方に向かわなかったため中止。
次の薬はリフレックス15mgから。
デプロメールを徐々に減薬していったのですが、0になった2日後ぐらいから手の震えるような感覚や頭痛や気持ち悪さがありました。
残ってる薬に手を出してしまいたくなるぐらい。
偏頭痛も酷かったのかロキソニンもよく処方してもらっています。
しかし、新しい薬を同時にのんでいるのでどっちの影響かわからずひたすら我慢。
落ち着くまで数週間はかかったと思います。
リフレックスに変えた頃、睡眠導入剤もハルシオン0.25mgに変更しました。
それでも寝つきがよくなかったのか、むずむず足症候群が頻繁に起こってきました。
むずむず足症候群、子供の頃から記憶では年に数回程度あったのですが。
今はいい薬があるようでリボトリール0.5mgをのんでいます。

これらの薬、服用の時間は眠くなるかどうかで調整しています。
一番長く続けたのはデパケンR200mg2錠とリボトリール0.5mg1錠を朝。
リフレックス15mg2錠とリボトリール0.5mg1錠とハルシオン0.25mgを就寝前でした。
そして、このリフレックスが大変食欲を増すのです。
本来は拒食症気味の人に出されるらしいのですが、ホントに抑えられないのです。
就寝前に飲んで眠れないなんていつものことなんですが、何か食べたくなる。
なんとなく食べたいなーではなく、食べずにいられない!なんです。
家にあるおかしやらカップラーメンやら夕飯の残りやら。
それもないとコンビニやマクドナルド。
そこまでして食べずにいられないのです。

主治医はこの薬を変えてくれません。
なぜなら私に効果が見られるから。
落ちたりすることも多々ありますが、外に目が行くようになったこと。
調子のいい時は自分は治ったんじゃない?と思えることも。
体重も増えたけど、テレビやゲームぐらいなら平気になっていました。
ただ、調子に乗ると次の日に必ずと言っていいほど何にもできなくなる。
ほどほどにしておきなさいといつも言われています。


ちょうど1年ほど前、家族がアマチュア無線の機械が欲しいと言い出しました。
結構なお値段がするのですね。
コンテストとかもあるのですね。
でも免許が必要なんですね。
私は手伝うだけ。機械の設置もアンテナの取り付けも。
ダイポールアンテナのために車庫の屋根にはしごをかけて登りましたよ。
そこまでしたら自分も出来ないなんて悔しいじゃないですか。
4月中旬頃に6月の試験の申し込みをして、勉強しました。
しかし頭が悪くなってます。回転が鈍くなってるのか理解できないだけなのか。
脳に作用する薬をのんでいるので主治医に相談しました。
デパケンRを1錠、リボトリールは朝だけになりました。
少しは頭がスッキリしてくれればいいんですが。


薬はそのまま去年の暮れまで続いたのですが、年明けに茶々が亡くなりました。
薬をのむことも忘れてしまうほどのショックで何も出来なくなりました。
またあの暗い日々になってしまうのか・・・
とにかく夜はまったく眠れない。日が昇ると眠りに入る。昼夜逆転の毎日でした。
通院も出来ず。薬も残り少なくなり、とにかく眠りたくてハルシオンを2錠のんでしまいました。
結果、気持ち悪くなるだけで眠れなかった。
どうせ朝まで起きてるんだからそのまま寝ずに夜まで待とう作戦を考えました。
どうにか病院に行き、その作戦を助けるための薬としてエビリファイ3mgを半錠処方されました。
でも、それをのむと余計に眠気がきてしまったので数回のんで止めました。
リフレックスをのんだ後の飢餓状態はまだありますが、茶々の死は乗り越えられそうです。
ゆっくりですが前向きになりつつあり、健康管理もしなくちゃと思えるようになりました。

で、試験は?
[PR]
# by kan_ten | 2014-02-21 15:05 | 身体

最初の半年

b0049123_15511981.jpg

心療内科に行き最初にもらった薬です。
デプロメール25mgとデパケンR200mgから始まりました。
デプロメールは最大150mgでした。
夜に眠れないため睡眠導入剤のマイスリー10mgももらうようになりました。
たまに偏頭痛もあり、ロキソニンも時々。

この頃の私は、ただ眠るだけだったと思います。
朝も昼もなかったです。でもなぜか、夜が怖くて泣いてました。
光や音にも過敏で、テレビもほとんど見てなかったのかな。
妹のこともあったし、泣いたり怒ったり感情の波が激しかった気がします。
自分は治らないんじゃないかとか、自分の存在は無意味だとか。
前向きになることはひとつもなかったと思います。
何度も主治医に問い、治ると言われ。
デプロメールは5ヶ月で終了となりました。
私には合わなかったんでしょうね。
[PR]
# by kan_ten | 2014-02-20 16:10 | 身体

引越しとか

誰でもなる病気だそうです。

私は2011年の8月に初めて心療内科へ行きました。
いつからうつの症状があったかは記憶にありません。
九州に来て結婚して引越しして、1年のうちに3回住所が変わりました。
その3回目の時、隣家の騒音も原因になったんだと思います。
賃貸の小さな一軒家だったのですが、一日中大きな音がしていました。
ペット不可なのに小型犬が騒いでました。
休日には早朝からバイクの音。ハーレーが10台は下らなかったと思います。
もちろんカスタムしてますよね。わかりますよね?音。
自分でバイクに乗ることも嫌になっていました。
家にいることが苦痛でした。

1年耐えたと思います。
2008年秋、猫との出会いで家の購入になりました。
急いで探したにしては条件のいい中古物件が見つかり入居。
次の年の初夏には私の妊娠がわかり、本当に招き猫でした。
しかし、10週で流産。なんにも出来なくなりました。
本当にゆっくりにだと思うのですが、家事が出来なくなっていきました。
外に行くことも億劫になっていきました。
ただ猫と一緒に過ごすことだけが毎日になっていました。
そんな自分が嫌いになり、腹が立ち。
少し気に入らないことがあるだけでモノを投げたり。
そんな日の次の日は動けませんでした。
音にも光にも異常なほど敏感になり、テレビも消して。
楽しいことがなんにも無くなりました。
自分なんか要らない存在だ。
存在してちゃいけないんだ。

家族が健康診断で要検査になった時、一緒に病院へ行きました。
「私、精神科にいかないといけない?」と聞きました。
必要だと思うけど、自分から行くって言わないと暴れると思われていました。
一歩踏み出した日です。

初めての日、何を話すにも涙で声が半分しか出てなかったと思います。
でも、1時間近く聞いてもらいました。
たぶん長い時間が必要なこと。
今は何もしなくていいこと。
自分は悪くないんだと思えるようになること。
病気なんだから治療できるということ。
薬は最小限にしましょうと。

泣きながらのカウンセリングが数ヶ月ありました。
そんな時、実家の母から「妹が手術をするから来て欲しい」と電話が。
迷ってました。
妹本人から「腫瘍があるから来て欲しい」と言われました。
今思うと最後のお願いのつもりだったのかもしれません。
「ごめん、お姉ちゃんうつ病なんだ。飛行機乗れない。」
私は行けませんでした。
手術の日、母からの連絡を待ちました。
遅いので病院に電話しても「教えられません」と言われ。
夜中の12時過ぎても連絡が取れず。
1時ちょっと前「やっと帰ってきたよ」と母の電話でした。
頼りないので担当医が書いてくれた物のコピーを送ってもらい調べたら。
すごく稀な卵巣腫瘍。
稀すぎてネットで調べてもホントに何にもわからなくて。
手術が成功しても予後半年とか・・・
そんなのないでしょ。
その後、抗がん剤を耐え抜きました。
髪の毛は全部抜け落ちたそうです。

頑張った妹は4月頃「夏ぐらいにもう一度手術するかも」って連絡がありました。
招き猫のモトの腎臓が悪くなって闘病を始めた頃でした。
6月にモトが亡くなり、妹の手術は7月に決まりました。

今度は飛行機に乗りました。
また長い長い手術になりました。
お腹には大きな傷と4本ものチューブに点滴。
少し生えてきた髪は一休さんを思わせるぐらい。
なんで妹がこんなつらい目に合うのか、悔しい気持ちで。
卵巣は1個残ったけど、卵管はないし自然妊娠は望めない。
私もたぶんもう子供はムリ。
母に孫を見せてあげられないのも悔しい。
ごめんなさい、今でも涙が出てしまいます。

妹はその半年後、母と九州に来てくれて温泉で和んでました。
生々しい大きな傷なので家族湯にしか行けなかったけど。
1年ほど前のことです。
それからはあんまり何にも言ってこないので状態もいいのかな?
便りがないのはいいこと、と思っています。


私、ずっと薬をのんでいます。
もう治ったんじゃない?と思うほど元気な日もあったりダメな日もあったり。
主治医には「無理しちゃダメ」と言われます。
茶々のことがなければ、もっと積極的に減量をと言われていたのですが今は中止!
なのでゆっくりと。

たぶんこの記事を書いたのもリハビリだと思います。
[PR]
# by kan_ten | 2014-02-18 15:00 | 身体

私はマリィ

b0049123_1615916.jpg

私はマリィ。
2011年9月に生まれたみたい。
ママはシャム系の強いノラ猫だったらしくて、私もちょっと似てるのかしら。
ブルーの目がチャームポイントなんだけど、ネコかあちゃんは斜視じゃないか心配してたわ。
ちゃんと見えてるわよ。心配症ね。
このかわいい丸シッポもネコかあちゃんはタヌキみたいって失礼しちゃうわ!

2012年の8月末頃に茶々と一緒にこのお家に来たの。
茶々も私も何度もボランティアさんの所に出戻りしてたの。
ホントに落ち着かなかったわ。茶々なんて人間不信だったし。
でもね、ネコとうちゃんとネコかあちゃんが何度も「もうどこにもいかなくていいから」って。
ちょっと信じてみようと思ったわ。
ずっと茶々が隠れてるから、去年の冬は一緒にくっついてよく寝てた。
私ばかり大きくなって、遊んでると茶々がつぶされてしまうの。
見かねたからなのか、ノリが来ることになったみたい。

今は茶々がいなくなっちゃって少しさみしいかな。
ネコかあちゃんなんて私達を放っておいてずっと泣いてたし。
だからノリと一緒にネコかあちゃんと遊んであげるの。
b0049123_16413620.jpg


これ、私の大好きなおもちゃ。
b0049123_16423576.jpg

[PR]
# by kan_ten | 2014-02-16 16:45 | ネコ

ごはんちょうだい

今日は雨。
寒いからカーテンを閉めたままにしてたらネコ達は大暴れ。
お外が見たいってうるさいの。

ちょっと疲れたみたいだったので、新しいフードを試してみました。
b0049123_13231444.jpg

左が前から気になってたロイヤルカナンのステアライズドアペタイトコントロール。
お皿もプレゼントで頂きました。内側の底に溝が入れてあるの。
去年の11月頃にももらってて、もう一個欲しかったの。
で、右に入ってるのはスペシャリステキャンペーンで頂いたライト。
ウチの子達はどっちが好きなんでしょ。

結果は
[PR]
# by kan_ten | 2014-02-13 13:34 | ネコ

僕はノリです

b0049123_1929918.jpg

2013年6月3日ボクはどこかで生まれたらしい。
このお家には8月18日に来たの。
大きなお姉ちゃんがふたりもいて、遊んでもらおうとしたらパンチされた。
でも大好きなんだ。3日ぐらいでマリィ姉ちゃんは舐めてくれたの。
ちょっとだけママのこと思い出したけどナイショなの。
だってネコかあちゃんがいるから。
12月11日にボクは去勢っていう手術をしたの。
その頃からネコとうちゃんもネコかあちゃんも茶々姉ちゃんばかり可愛がってたよ。
そういえば茶々姉ちゃんどこに行っちゃったのかな?
また遊びたいな。
ネコかあちゃんはたまにボクを「モト」って呼ぶの。なんでかな?
考えてもわかんないや。
マリィ姉ちゃんと追いかけっこしてこよーっと。
b0049123_1954713.jpg
b0049123_19542327.jpg

[PR]
# by kan_ten | 2014-02-12 19:55 | ネコ

ポールウォーキング

毎日寒い日が続いていますね。
昨日は冷たい雨が降る中、腰のあたりまであった髪を肩まで切ってきました。
スッキリです。
b0049123_21513832.jpg

九州に来て10kg、うつ病になってさらに10kgと体重が増えました。
実は先月の8日、茶々と名付けた茶サビ猫が亡くなりました。
来た時には人間不信で触ることもできなかった。
1年かけてやっと少しだけ寄ってきてくれるようになったのに。
秋に口内炎のため抜歯手術をして、これから幸せになるはずでした。
『猫伝染性腹膜炎』という知らない病気。
12月の中旬から異変に気付き、ご飯を食べなくなり。
お正月も特別に点滴をしてもらって。
あっという間でした。
私はうつ病が悪化。何にもできませんでした。
家族が薬だけもらってきてくれて。
どうにかこうにか病院に連れて行かれた時、主治医はただほめてくれました。
まずは普通の生活サイクルができるように。私の目標です。

今も夜は眠れません。
睡眠導入剤も効きません。
だから運動して疲れれば眠れるかも。
そこでポールウォーキングという運動を知りました。
増えすぎた体重もなんとかしないと。

ゆっくりとゆっくりと。
歩いて行きます。

前を向きます。
[PR]
# by kan_ten | 2014-02-11 21:08 | 身体