ネコかあちゃんになって


by kan_ten
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

魔法の箱

こっちに来て少し遅れてリンダがやってきた。
知らない土地、慣れない運転ルールに乗るのが怖い。
でも、車をまだ持ってきてないのでリンダに乗る。

当然だけど買い物もリンダ。
大きなリュックにしても限界がある。
欲しい物もあきらめなくちゃ。。。。


と、私の前に大きな箱がやってきた。
見たことはあるけどリンダに付けようとは思ったことがなかった。
でも、ヘルメットも荷物も入るという言葉に負けた。
今は便利なのが優先。

キャリアに簡単にくっつけるだけだと思ってた。
でもどうやって??
キャリアを外して箱を取り付ける台を固定するだけでも大変だった。
そして、そこから出ているコード!
なになになに?そんなこと知らないよぉ。
ブレーキランプとの配線が必要らしい。
シートを外し、黒のコードと黄色緑のコードを選び出した。
取り付けた台からの赤コード、青コードをそれぞれにパチンと組み合わせた。
箱をのせエンジンをかけたら箱が赤く光ってます。
ブレーキをすると消える。だめじゃん!
サービスマニュアルの配線図を見たって私にはわかりません。
もぉ~。。。。。。
次の可能性は緑コードらしい。
黒を外し緑を組み合わせた。
これは正解だったみたい。
ここまでに数時間、辺りは暗くなってた。

ほんと、今回の作業は自分の力のなさを実感です。


これ、すごく便利!
もうアイスクリームを買っても背中が冷たくならないよ♪
[PR]
# by kan_ten | 2006-11-13 18:04 | XR100

バイクがないっ!

今朝、母親に大声で呼ばれました。
「お姉ちゃーんっ!バイクが無くなってるよーーーー」
大慌てで起こされました。

「う?うん、ないよ」


昨日の夕方、リンダはトラックに積込まれ旅立っていきました。
だんだん薄暗くなる中、きつく縛られて。。
「大事にされてるのがわかりますよー 大切にお届けします」
やさしそうなお兄ちゃんでホッとしました。
でもね、雨が降ってて悲しさ倍増です。

リンダと過ごした1年半は、砂利道との戦いでした。
アワテテ出発する朝も、ヘトヘトに疲れて帰っても必ず通る場所。
イヤでも気が引き締まります。
雨でドロドロぐちゃぐちゃだったり、大きな石が突然あったり。
もうリンダで通ることがないのかもしれない。

そう思うと名残惜しい気持ちでいっぱいです。
トラックのお迎えが来るまで、雨の中カメラに夢中でした。


さ、リンダと知多は終了です。



私は明日ここを出発です。
次は新しい土地で更新していけたらと思っています。
ほんとに更新できるかな?
できるといいな。。
[PR]
# by kan_ten | 2006-10-24 18:24 | 日記

凸凹ツーリング

バイク6台と車1台の凸凹メンバーと走ってきました。
昨日まで微熱気味だったので不安でした。
行き先も変更してもらって知多ツーリングです。
リンダが先頭で頑張っちゃいましたよ!

集合場所へ行くまでも渋滞。。
細い道だからすり抜けもできなかったの。
車3台ほど前には右折がいて停止しちゃってた。
私の横のダンプが少し前へ行ってくれれば通れるのになー。
ダンプのおじちゃんへの熱い視線に気付いてくれたの。
「どこまで行くんかー」
「あのねー、もうちょっと前に出てくれる?」
「おぉ~これで行けるか?」
「うん、大丈夫だと思う!ありがと~」
バイクにやさしいおじちゃんでよかった。


みんな集合して南に向かって走ったの。
ここも渋滞、こっちも?って感じ。
左手が疲れてきたのでコンビニで休憩したら海が見えて最高!
それから魚太郎で昼食をして、近くの高台でおしゃべり。
師崎を通り西側の海が見えてきたらキラキラしてた。
私の大好きな景色に声が出ちゃいました。
しっかり目に焼き付けて走りました。

小野浦の海ではミニスカートの女の子が気になっちゃって(笑)
日差しが強くて半袖でも暑いぐらいだった。
10月も下旬なのに海水もぬるかった。
そこからはセントレアが見える海岸まで行きました。
ちょうど夕陽の時間でキレイだった!


あ、途中ウサギのぬいぐるみが歩いてて笑いが止まらなくなった!
大きな荷物を背負って疲れた顔してた。
がんばれー!




今日は大好きな海をいっぱい感じることができた。
みんなありがとう。

思い出がいっぱい。
もうリンダとここを走ることはないかもしれない。。
こんなに楽しく走れて最高でした。
私の下手な先導についてきてくれて感謝です。


最後、みんなが差し出してくれた握手。
あったかかった。
たぶんね、私が一番実感なかったんだと思う。
「今度はみんなでどこ行こうね~」と言いかけてたの。
ほんと、まだまだいっぱいいろんなトコに行きたい。
どこに行っても楽しいはずだから。

素敵な仲間です。

いつかまた一緒に走りましょ♪
新しい土地も案内できるように地図を頭に叩き込むから!


リンダがくれた多くの出会い。
ありがとう。
[PR]
# by kan_ten | 2006-10-21 22:21 | ツーリング(知多から)

終了

仕事辞めました。
バイク通勤も終わりです。

これから寒くなる季節、防寒対策はまだしてません。
あまり乗らなくなるのかな?と少し残念な気分。。
いつも一緒に並んでたバイクとも、こっそりお別れでした。
寒くても暑くても雨でもいたよね。バイバイ。


最後に職場のみんなの前で挨拶をした。
そして、私に手渡された可愛い花のバスケット。
気持ちは嬉しい。
でもね、どうやってリンダに載せよう。
「まさか今日もバイク?」
「うん」

他にも私物がいっぱい詰まったリュックなの。
上部のファスナーを開け、花かごを入れた。
なんとか倒れないぐらいに収まってる。
背負うとすごく重かった。

フラフラしながらリンダにまたがってキック。
いつも以上に慎重に丁寧に乗りました。
ドキドキしたけど無事に到着!


花束ならもっと安定しそう。
常時受付中です。
[PR]
# by kan_ten | 2006-10-18 17:28 | バイク通勤

8,000km

今日は仕事お休みしちゃいました。
朝どうしても起き上がれなかったの。
微熱程度なんだけどだるくて。。


日曜日はリアブレーキパッドを交換してもらいました。
メーター8,000kmちょっと手前。

これで安心してブレーキ使えると思うとどこかへ行きたくなったの。
友達のエイプを誘って野間まで走りました。
日差しが強く信号待ちではジーンズ越しでもジリジリします。
ほんの30分ほどしか走ってないうちから友達はお尻が痛いって!
「今度は夜に乗ろうよー」とバテてるし(笑)


海、まだ多くの人が遊んでた。
真っ黒に日焼けしながら楽しそう。
でもね、私の好きな海の季節とは違う。
もっと静かな頃がいい。

海と灯台を背に山側を眺めて座ってた。
友達は「海を見に来たんじゃないの?」と笑ってる。
「うん、この波の音と風とにおいが大好き。忘れたくないの。」
目を閉じて溢れそうな涙を我慢した。
友達も私の気持ちを何か感じ取ってくれたみたい。
ありがと。


気持ちよかった。



もう夜は肌寒いよ。
リンダが元気になる季節だね♪
[PR]
# by kan_ten | 2006-09-07 16:35 | XR100

リンダで花火

お盆休み初日、お坊さん来るから私の部屋はキレイになりました。
昨日はお父ちゃんカブト虫に乗って帰ってきた。
少し早いでしょ? 私が心配で帰ってきたのかしら?(笑)
畳に寝転び、のんびりとした時間を邪魔するメールが届いた。
「ヒマ?だったら花火見に行こう!」

友達の白エイプだった。
彼女はこの前「777になったよー」と報告してきた。
リンダより早く納車したってのにまだそれだけ?
お母さんって仕事は忙しいのね。
たまには息抜きさせてあげなくちゃ。


夜、乗ってないなぁ。
いつもの景色が全然違う。
待ち合わせ場所から私の先導で小高い場所へ連れて行く。
ここ、山を切り開いて田畑になった場所。
街灯が無く、草刈りしてない場所は道幅が狭くなってる。
アスファルト舗装してあるけど、夜は真っ暗。
これほどとは思わなかった。
手を入れてない雑草だらけの場所は避け、少し広い場所で花火を見た。
遠いけどキレイに見える。
「どんな山の中連れて行かれるかと思ったよー」と友達。
でもね、花火が終わった途端にあらゆるトコから車のライトが点灯。
道沿いには車の行列ができていた。
どこからこんなに集まってきたの?ってふたりで笑った。
あ、でも30過ぎの独身女ふたりがバイク乗ってこんな場所って。。。
どう見ても大人になれなかったおばちゃんだろ(笑)

蒸し暑かったから、喫茶店でかき氷を食べに行った。
山盛りの氷。店の中は冷房ガンガンに効いていた。
もちろん完食できない私。負けた。
友達はもっと走りたそうだったけど、なんかそんな気分になれなかった。
こんな時はムリしない。
バイクの横でだらだら話してるだけでいい。
こんな事なら缶コーヒーでよかった(笑)

お開きの後、やっぱり少し走りたくなった。
いつものお散歩コース。でも真っ暗。
昼間よりゆっくり走ってると、車がいっぱいいた。
そうだった、ここは走りたい人が集まる場所だ。
タイヤの跡も増えてるし。
楽しむ余裕も無く帰宅。


メッシュジャケットで出かけたんだけど、かき氷の後は寒かった。。
[PR]
# by kan_ten | 2006-08-13 11:22 | お散歩

ハシレヒメマル

ここんとこ気持ちに余裕がなかった。
なんかね、人にやさしく接することができない自分がイヤだ。
仕事に文句は言わないけど、態度に出てたのかなぁ~お手伝いが増えた。
今日は久しぶりに明るい時間の帰宅ができた。


先月下旬、荷物が届いた。
さらっと目を通したけど、胸がとっても苦しくなったの。
片手間じゃいけないな。
そう思った。

今日、やっとゆっくり見ることができた。
私の知らない世界『ハシレヒメマル

自分と重なるところはないはず、なのに胸が熱くなる。
舞台は全く違うけど、教習所時代を思い出すから。
そこには涙をこらえながら頑張った自分がいた。


教習所に通いだしてすぐ、バイクで手を怪我した。
家族にも友達にも内緒にしてたから怪我の理由もウソついてた。
今でも痕が残ってる。忘れちゃいけないってことかなー。
ほんとに自分に自信がなくなって、免許をあきらめようとまで思ってた。
でもね、泥の中でも必死で頑張ってる人がいたの。
こんなトコで泣いてる自分が情けなかった。

2年前の秋、普通二輪小型限定→すぐに限定解除。
リンダに乗り出して1年が過ぎ、ダラダラ運転するようになってる。
自分が一番嫌がってた『日常』になってしまった。
暑い夏も寒い冬も、雨の中でも通勤に使ってる道具。
ちゃんと楽しんでるのかな? 自信がない。
いい加減だよな。

今朝、遅刻しそうになって急いでリンダで走り出した。
途中で半袖だと気付いた私。。もう戻る時間がない。
焦ると同時に油断してる自分のことが怖かった。

夕方、久しぶりに夕焼け空の中で帰ってこれた。
気温はまだ生温い。
半袖なのに風が当っても涼しくなかった。
家に近付くと住宅街から抜ける。片側が田畑の広い道路になる。
するとね、気温が違うの。気持ちいい!
土はいい。
車では感じられない感覚。
なにかを取り戻せた気がする。



いつかこんな自然を相手に楽しめたらいいな。
今のままの私じゃダメだけど。。
見るたびにいろんなことを考えてしまう作品です。

ありがとう。
[PR]
# by kan_ten | 2006-08-10 21:11 | 出会い

ヘッドライト復活

先月末、仕事を終わってリンダに乗るとすごく違和感がありました。
おかしいなーと思いながら駐輪場から出ると原因が判明。
ヘッドライトが点いていませんでした。
夜です。
仕方なくハイビームで帰りました。

前を走る車にも対向車にも申し訳ない気持ちでいっぱいです。
すぐ前方の路面状態も見難いです。
いつも通ってる砂利の凸凹は勘で走ってる状態。
こんなんじゃ楽しく乗れません。

明るいうちに帰りたいのに、次の日もその次の日も真っ暗です。
バイク屋さんにも寄れません。
ガムテープを上部に張って金曜日まで誤魔化しました。
お散歩して帰りたいなーって夜も我慢でした。
ストレス溜まっていきますね!


さ、待ちに待った休日です。
お盆前は毎年なにかと忙しい。
ちょこっとした時間を見つけ、ライトの電球を外しました。
電球を持ってバイク用品店へ。
「これください」
店員さんをつかまえました。
「もうちょっと明るくなるといいなー」と相談すると、

PIAA H6Mエクストリームフォース 
12V・35/36.5W MB50

これをおすすめしてくれました。
「ガラスの部分には触らないように気をつけてください」とアドバイスも。
教えてくれなきゃきっと触ってたはずです。。
よかった。

帰ってきて取り付け。
日陰のほんの数分の作業なのに、汗がダラダラ。
なによ~この暑さ。
洗車しようと思ったけど中止。
自分だけ水浴びしちゃいました。
リンダごめんよ。


メーター 7810km

これで夜道も安心ね♪


【8/9追記】
ここんとこ、毎日夜道を走ってます。
初日に「あれー私つけ方を間違えたかな?」って思うほどの明るさでした。
LOが今までのHIぐらいで壁を照らしたから(笑)
大満足♪
[PR]
# by kan_ten | 2006-08-06 16:44 | XR100
7/18からの週、リンダはずっとご機嫌ナナメ。
キックしてもかからない、通勤前の貴重な時間。
雨の中カッパ着て汗だくになりながら10分間キック続けた。
いつもはしないけど、アクセル開けながらなんとか。
でも強く吹かさないと止まってしまう。アイドリングも弱い。
ほんと毎日泣きそうで、仕事前からヘトヘトだった。

もしかしてエアクリーナーでなんとか復活?と見てみることに。
それが7/15土曜日だった。
工具を持ってリンダの横に座ると「え??????」
サイドカバーを留めてるボルトがありません。
そんな。。
すぐにバイク屋さんへ持って行こうと電話をすると予約で満杯だそう。
仕方なく7/29に予約を入れました。
「今週ずっとエンジンのかかりが悪いんです」
「距離はどれぐらいです?」
「7000から8000km」
へー距離を聞かれるとは思ってなかった。


で、7/24からの週。
それまでのジメジメも軽くなり、リンダ元気に復活♪
キックも一発だし、どこも悪く思えない。
アイドリングも弱々しくないし、とっても素直。
これでバイク屋さんに持っていってもなぁ~症状でないよ。

でもまぁ予約しちゃったし行ってこよう。
やっぱり元気。
整備のお兄さんもどうしようか悩んでた。
とりあえずプラグの掃除してくれたみたい。
エアクリーナは汚れてなかったって。
ガソリンを送る部分も正常と。
「どんな感じでした?キックする時は」
チョークを使うとか、アクセル回すとかいろいろ聞かれた。
いつもは何にもしないけど、かからないときはアクセル吹かしたと説明。
で、またいろんなこと教えてくれて、しばらく様子見になった。
「で、ここのボルト無くなってますけど?」
「あーーーーほんとだ!」
すっかり忘れてた私。今まで落ちなくてよかった。
中古でよければと、留めてくれて一安心。
そして、リンダの横に這い蹲るお兄さんにちょっと驚いてると。
「リアのブレーキパットが減ってますねー」
あと1mmって。
前は全然減ってないのに。。
さっそく注文。
見てもらってよかったー。

普段の乗り方を思い返すとそうだよなーって。
あんまり前は使ってない。
変な癖がついちゃってるんだろうな。


そして、ミニモト4耐の話をしてみた。
ここのバイク屋さんも出てたから、その時のバイクを見せてくれた。
「いい大人がバカみたいになってなでしょー」
「うん、でもすごく面白かった」
「このバイクが時速100km以上出るから驚いた?」
「もう別物だったw」
あの空間を思い出すと不思議な感じ。
たった2週間しか経ってないのに、もう懐かしい。




なんか走りたくなって海へ向かった。
あまり時間もないし新舞子まで。
片側2車線の道路が路上駐車で1車線になっていた。
しかもそこから水着姿で人が出てくる。
ここは無法地帯?
マナーの悪さにあきれました。
ビーチからは遠くなっちゃうけれど、駐車場はまだ空きがあった。

悲しいね。

海を離れぐるぐる~っとして帰ると、メーター7777を過ぎていた。
見逃したーーーーー。
[PR]
# by kan_ten | 2006-07-30 13:14 | XR100

鈴鹿の夏

土日とツーリングの予定だったけど、天気予報で中止に。
この時期はどうしようもないですねー。
金曜日にはお休みをもらってたので4連休。
さて、どうしよう。

とりあえずバイク屋さんでオイル交換。
予約してたので10時にやってもらいました。
暑いし美容院も行きたかったけど、ふと鈴鹿が頭を横切りました。
そっか、やってるね。
リンダの兄弟に会ってこようと思いました。

友達にメールするとOKの返事。
「リンダで来ちゃダメだよ」
と、さみしいことを言われちゃいました。
ちょっと納得できないけど、車に乗り換え出発しました。
ほんとお気楽な気持ちです。

9番ゲートなんて知らない。
近くのコンビニに入って聞いてみたけどわからないって。
ま、探せば見つかるだろうとやっぱりお気楽。
蒸し暑さだけはわかってたのでお茶だけ差し入れるつもりでした。
で、ゲートまで行くと迎えに来てくれました。


ここからは私の知らない世界。
ものすごく混雑してるPITに圧倒され、人見知りもあって上へ避難。
なんかとんでもない場所に来ちゃったのかも。。
朝から何も食べてないからか、ちょっと気分が悪くなっちゃった。
横になってるとバイクの音が響いてる。
ここは風もあって気持ちいい。
すごーく癒されました。
下に戻るとリンダの兄弟は丸裸です。
右も左も面影はあっても全く別物でした。
きっとノーマルのリンダがここにいたら一番目立つかも(笑)

練習で走り出した友達は帰ってきません。
どうしたの? 転倒???
待ってると悪いコトしか考えられなくなってました。
回収され帰ってきたらホッとして涙。。。。。なんて出ませんね!
「しっかりここまで走ってきなさいよ!」
エンジンが調子悪かったみたい。
バラして元に戻すとか、壊れたトコをどうするかとか。
なるほどーリンダで来てたら、きっと帰れなくなってました(笑)


ふら~っと来て、ふら~っと帰るつもりでした。
何にも出来ない自分にイライラしながらも、とっても楽しかった。
帰るタイミングもなく、宿も取ってもらってお泊りです!
「朝は5時集合で」
起きれるか心配でした。
でもね、短時間に熟睡できたのか4時には目が覚めてた。
こういうときは大丈夫みたい♪


Mini-Moto ST 4時間耐久ロードレース当日

待ち時間が長いはずなのに、あっという間の一日でした。
バスでコースを案内してもらってワクワクしました。
他にもいっぱい私の胸に詰まっています。


感動しました。
素敵な時間をありがとう。



そして今、日焼けで熱いです。
[PR]
# by kan_ten | 2006-07-16 14:55 | 出会い